犬のアトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎は遺伝性皮膚の炎症障害です。花粉、雑草、ハウスダスト、ダニ、カビ等、様々な環境中のアレルゲンに反応して発生します。

アトピー性皮膚炎は遺伝子性疾患のため、反応してしまう可能性が高い犬種がいます。テリア、シャーペイ、ダルメシアン、レトリバー、アイリッシュセッター、ミニチュアシュナウザー、 ブルドッグや鼻の短い犬種に多く見られます。しかしこれらの犬種に限らず雑種であってもアトピーになる可能性があります。

犬のアトピー性皮膚炎の症状

アトピーの主な症状はかゆみです。普段からかゆみが気になる場合アトピーの疑いがあります。かゆみは脇の辺り、顔、耳、そして足にも発生します。犬はかゆみから体をかき, 長時間舐めたり噛んだりすることから皮膚が変色します。ほとんどの場合、色が濃くなり黒ずんできます。すぐに正しい治療をしないと傷害が広がり細菌や様々な感染症につながります。

しかしかゆみのある症状がすべてアトピーであるとはかぎりません。獣医が正しい検査をしないと誤診になり薬の誤用になってしまいます。

アトピー性皮膚炎と診断されるには皮内の皮膚テストをしなければなりません。

テストとは数箇所皮膚の表面上にアレルゲンを注射します。注射された部分は15分後炎症反応を見ます。

犬のアレルギーの治療法

アトピーは完全には完治しません。薬(アンチヒスタミンやコルチステロイド)で症状を抑えられない場合、免疫治療、アレルギー注射を処方される獣医さんもいます。
最近、ある獣医たちはテストしないで、ただ症状で「アトピーだ!」と容易に診断してしまい、すぐコルチステロイドを処方します。それはいけません!  過剰なコルチステロイドなどの薬が犬の健康に悪い影響を与えるので、正確な診断と投薬は大切ですわーん!

自然療法を含むアレルギーの治療法の詳しいはこのページをご覧ください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座