犬の認知機能障害(認知症/認知障害症候群)

人のアルツハイマー病のように、犬の認知機能障害は主に老犬に影響を与えます。それは、特定の健康問題や薬に対する反応が原因ではなく、犬の行動の変化による認知能力の経年劣化です。

この症候群の正確な原因は明らかではありません。しかし、犬の体内の物理的および化学的な変化は犬の脳機能に影響を与えるかも知れません。 研究によると、認知機能障害を持つ犬の脳内には、異常タンパク質が蓄積し、脳の血管が見えるようになりました。最終的にこの異常な脳の状態は、 老犬に適切な神経伝達を妨げるため、行動の変化が起きます。

研究では、8歳以上の犬の約半分は、犬の認知障害症候群の少なくとも一つのサインを示していることが分かりました。

犬の認知機能障害の徴候や症状

Sleeping Dog

犬の認知障害の最も一般的な徴候や症状は、次のとおりです:
  • 寝る習慣の変化:特に昼間にたくさん眠る。逆に夜に眠れなく、鳴き騒ぐことがあります。
  • 食欲不振:犬のお気に入りの食べ物やお菓子にも興味を失う可能性があります。
  • 無気力と無関心:大好きなおもちゃや他の犬の友達と遊ばなくなり外に行きたくなります。
  • トイレの問題:犬が頻繁に家の中の不適切な場所でおしっこをしたり、ウンチをしたりします。
  • ぼんやりする:いつも壁または空間を見つめ、また、音(例えば、テレビからの音)で簡単にびっくりされます。
  • 落ち着きのない:例えば、家の中を歩き回ったりします。
  • 攻撃的:家族や友達を認識することができなくなるため、彼らに向かって攻撃的な行為を示すことがあります。
  • 見当識障害:道に迷ったり、自分の家や庭などの使い慣れた場所でも混乱したりします。
  • 記憶力低下:犬の自分の名前や学んだコマンドに応答できなくなる可能性があります。また、新しいコマンドを学ぶことができないかもしれません。
  • しかし、犬が上記の症状の一部または全部を示すと、必ず認知機能障害である訳ではありません。上記の症状の一部は、 いくつかの他の病気(例:癌、臓器障害、または薬物への副作用)によって引き起こることがあります。 したがって、犬が上記の症状のいずれかを示す場合は、体の病気の可能性を排除するために、獣医の検診が必要です。

    TOPへ戻る

    犬の認知機能障害のための自然療法

    かなりの数のハーブやサプリメントが犬認知機能障害を妨げ、改善するために使用できます。例えば:

    • コリン:コリンは有機化合物であり、水溶性の必須栄養素として分類され、ビタミンB複合の中のひとつです。 コリンはアセチルコリンを生産するために必要です。アセチルコリンの欠乏が一般的に老化の要因、特にアルツハイマー病の要因であると考えられている。 臨床試験では、コリンの補充は犬と猫の両方で認知機能障害の兆候を逆転させるために有効だと発見しました。推奨用量は、体重25kgの犬に対して、毎日50−100 mgです。
    • イチョウ:ハーブのイチョウは「老化防止のハーブ」です。人と犬の両方で、アルツハイマー病の治療に効果が証明されています。 イチョウは、子犬や老犬の両方の長期および短期記憶を向上させます。
    • ローズマリー:ローズマリーは脳内のアセチルコリンの分解を防ぐことができる効果的なハーブです。さらに、ローズマリーは重要な抗酸化物質です。
    • ビタミンB6:ビタミンB6は抗酸化特性があり、フリーラジカルの産生を阻害することができます。
    • レスベラトロール:レスベラトロールはポリフェノールの一種です。ポリフェノールは抗酸化物質で、 フリーラジカルによる損傷から細胞を保護するため老化防止の特性を持っています。
    • アマニ油:亜麻仁油はオメガ3脂肪酸がたくさん含まれ、 抗炎症特性がありコレステロールを減らし、血液凝固を防ぐことができ、老犬のために有益です。

    犬の認知機能障害を防止

    予防は治療よりも優れています!愛犬は老犬であれば(7歳以上)、認知機能障害の予防のために、今から以下のことをしてみましょう!

    最も重要なことの一つは、炎症の発生を最小限にすることです。炎症を最小限に抑えることが認知機能障害の発生率だけでなく、 癌を含む他の多くの疾患を防止または低下することができます。

    炎症を最小限に抑え認知機能障害を防ぐために、ここでいくつかの提案があります:

    • 上記のコリンや他のサプリメント(特にオメガ3脂肪酸と抗酸化物質) を愛犬に与えましょう。
    • 犬に自然食を与えて下さい。
    • 予防接種を最小限に抑えること。
    • できるだけ化学物質を含むノミやマダニの製品を使用せず、そのかわり、 天然のノミよけマダニよけを使いましょう。
    • 定期的な運動(例:毎日のウォーキング)を忘れないでください。
    • 脳の運動も重要です-脳を刺激するおもちゃやゲームを犬にさせましょう。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座