犬の自己免疫疾患

犬の自己免疫疾患を理解するためにまずは免疫システムが何なのか、どのように働くのかを理解しておく必要があります。

免疫システムは白血球、抗体、および他の物質の複雑な組成物です。これらの物質は感染症を撃退し外来タンパク質を拒否するように連携して働きます。 免疫システムは異物に よる「侵略」から体を守って、いつもパトロールしている「軍隊」と思えばいいでしょう。

体の各臓器や組織は、自己防衛の努力で異なる役割を分担している。たとえば、肝臓や腎臓は血液から毒素や廃棄物をフィルターする責任があります。皮膚は、細菌やその他の環境の脅威 に対する最前線の防衛です。血液は、抗体、酸素、栄養素など必要とされる場所に運びます。リンパ系は、細胞を浄化し、細胞や組織に栄養を与えます。また、血液で届かない身体の部分に "免疫軍"を運びます。

犬の自己免疫疾患とは何ですか?

Bull Dog

簡単に言うと犬の免疫システムの1つ、または複数の部分が過活動となり、「自己」と「外部」を区別する能力が失われたとき犬は自己免疫疾患にかかると言われています。

具体的に言うと免疫システムは、あるタンパク質が犬の体内組織または器官の一部、または外部から進入したかはわからなくなります。その結果、「ミス」が発生します。 免疫システムは細菌やウイルスなどの異物タンパク質に対して体を守るために抗体を産生し、身体の細胞や臓器を攻撃し、破壊します。

自己免疫疾患は単一臓器か、または犬の全体に発生する可能性があります。

過活動免疫システムに起因する犬の自己免疫疾患のいくつかの例は、次のとおりです:

犬の自己免疫疾患の原因

正確な原因は不明です。しかし、多くのホリスティック獣医師は以下の原因に可能性があると主張しています:
  • ワクチン、抗生物質、ステロイド薬の過剰使用;
  • 環境汚染物質;
  • エトキシキンなどの食品防腐剤;
  • 殺虫剤、ノミとダニ撃退薬などの中に含まれる化学物質。

TOPへ戻る

犬の自己免疫疾患の症状

自己免疫疾患は、影響を受けている臓器およびシステムに応じて複数の症状が出る可能性があります。

症状のほとんどは他の病気に似ているため、診断が困難です。

一般的な症状は次のとおりです:
  • 下痢(時に血便);
  • 無気力とうつ病;
  • 衰弱;
  • 運動やゲームなどに興味がなくなる;
  • 皮膚病変、潰瘍;
  • 鼻腔、口腔、肛門病変;
  • 関節のこわばりと跛行;
  • 貧血;
  • けいれん;
  • 食欲不振;
  • 体臭;
  • 体重増加(甲状腺が影響されている場合)。

犬の自己免疫疾患の予防

免疫システムを強くする鍵、自己免疫疾患の予防は、栄養価の高い食事とハーブや他の天然サプリメントを犬に与えることです。

効果的なサプリメントは、次のとおりです:

必須脂肪酸

必須脂肪酸は皮膚だけでなく、腸内のみならず有益です。 皮膚や消化器系は、免疫システムの最前線なので、必須脂肪酸の十分な補給は自己免疫疾患の予防に不可欠です。

消化酵素とプロバイオティクス

食物の消化と吸収を助けるため、消化酵素 プロバイオティクスのサプリメントが必要です。また、プロバイオティクスは腸内細菌叢の健康なバランスを維持することによって消化器系を強く保つのに不可欠です。

植物ステロール

犬の自己免疫疾患のために有効な天然サプリメントは果物、野菜、ナッツ、種子に見られる天然物質である植物ステロールです。これらの植物栄養素は、ユニークな健康効果を持っており、 過活動免疫系を落ち着かすことができます。

抗酸化物質

抗酸化物質は、免疫系を過剰に刺激せずに酸化ストレスを軽減することができます。 したがって、免疫システムを強化できます。自己免疫疾患に効果がある酸化防止剤は、α-リポ酸、コエンザイムQ10、と緑茶です。

同時に、ストレスが免疫系を弱めることがあるので、犬の生活からストレスをなくすことも重要です。また、生活環境から毒素や汚染物質を除去して、犬の自己免疫疾患の予防も重要です。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座