犬の骨癌

犬の骨癌は2種類あります。

一つは骨から発生した原発性骨癌。 もう一つは、体の別の部分の癌が、骨に拡がる転移性骨癌です。

犬に発生する原発性骨腫瘍の最も一般的なタイプは、骨肉腫(OSA)です。犬の骨腫瘍の70%-85%が骨肉腫です。他の骨腫瘍は軟骨肉腫(CSA)、線維肉腫(FSA)と、血管肉腫(HSA)が犬にも発生します。

骨肉腫は、前足と後足(付属肢骨格)に主に発見される悪性腫瘍です。具体的に最も発生しやい体部分が前足の腕の半径骨の遠端、または後足の膝の上や膝下です。

また、頭(頭蓋骨と顎)、背骨、肋骨など、体の他の部分に発生する可能性があります。

犬の骨肉腫は、通常、骨の奥深くに発生します。最初は、発生した部分が腫れ、痛みの有無が場合によります。癌は深刻になるにつれて、腫瘍が外向き成長し、骨が内部から外へ破壊し、痛みも徐々に強くなります。

診断の時点では、約95%の犬の骨癌はすでに体の他の部分に転移してしまいます。骨肉腫にかかっているほとんどの犬は、腫瘍が肺や他の骨に転移するため死んでしまいます。

治療しないと犬は診断されてから1-2ヶ月後に癌で死亡してしまいます。しかし、激しい痛みのため、おそらく癌で死亡する前に犬は安楽死させます。

軟骨肉腫は、第二の最も一般的な犬の骨腫瘍である。 約5-10%の原発性骨腫瘍が軟骨肉腫です。軟骨肉腫は骨肉腫のように致命的ではありません。

繊維肉腫と血管肉腫のような骨癌は珍しい(5%未満)です。

犬の骨癌の症状

犬の骨癌に関連する症状は非特異的で、また、腫瘍の原発部位によってそれぞれです。 通常、手足の骨肉腫の最初の臨床症状は患肢の跛行です。腫瘍が大きくなるにつれて、腫れと痛みも明らかになります。骨折によって起こる急性の跛行がでます。 (腫瘍が骨の構造を破壊します。 その結果、骨が弱くなって、折りやすくなります。) 痛みによる他の症状がでます。例えば、
  • 犬が怒りやすくなる;
  • 食欲の損失;
  • 体重減少;
  • 不眠症;
  • クンクンと鳴く;
  • 無気力;
  • 運動をしない。
頭蓋骨または顔面骨に発生する犬の骨癌の臨床的徴候は、次のとおりです:
  • 咀嚼や嚥下困難;
  • 顔の腫れ;
  • 鼻汁。
肋骨に硬いしこりがあると肋骨の骨癌のサインかもしれません。

TOPへ戻る

原因とリスク要因

White Lab

犬の骨がんの正確な原因は知られていません。ただし、以前の骨折、骨の外傷、または慢性の骨感染症が素因していると考えられています。また、遺伝子変異、異物(例えば、金属インプラント)、化学性物質なども、犬骨肉腫が発生する原因になる可能性もあります。

通常、犬の骨肉腫は成長板付近で発生しているため、成長率に影響を与える要因(例えば、子犬の急速な成長を促進する食事など)は、また犬の骨癌の要因となる可能性があります。

骨癌を発症する可能性を高める、いくつかのリスク要因があります:

性別

骨癌のリスクはメスよりオスの犬が少し高くなっています。さらに、骨肉腫のリスクは、去勢したオスで約65%高く、避妊手術された雌犬で34%高くなります。前の年に去勢や避妊手術した犬のリスクはさらに高いと思われます。

サイズ

犬の骨肉腫は大型犬(例えばドイツのシェパード、ゴールデンレトリバー、グレートデーン)がより発生しやすいです。具体的に34キロ以上の犬はその体重以下の犬より骨癌を発生する可能性が高いのです。

診断と治療

診断は通常臨床症状、身体検査、X線に基づいています。 X線で骨癌の特性が容易に識別できるため、通常生検は必要がありません。癌が肺や肝臓など他の部分に拡がっているかどうかを確認するために、他のテストは必要です。

犬の骨肉腫の治療の選択肢は患肢の切断、そしてその後の化学療法です。

患肢切断には2つの目的があります。まずは、原発腫瘍を除去し、癌の転移を防止します。また、痛みの原因を除去するため、犬のクオリティー・オブ・ライフを劇的に向上することができます。

半径骨や尺骨(肘の骨)の下の部分に影響し、病変が小さい場合には、「患肢温存」の手術で患肢を保存することができるかもしれません。「患肢温存」の手術は、骨バンクから別の骨を癌がある骨と入れ替える施術です。

患肢切断の治療と化学療法のフォローアップによって、60%の骨癌の犬が1年まで生存することができ、40%が治療後2年まで生きることができます。

手術不能骨癌、または骨腫瘍を完全に切除去できない場合には、放射線療法を手術の前または後に使用することができます。

イヌ骨肉腫のためにアルテミシニンの使用

最近の研究では、化学療法プログラムの一環として犬に与えることができるハーブがあります。 それはアルテミシニンです。

アルテミシニンは、マラリアを治すために長年アジアで使われているハーブです。またこのハーブは、体のがん細胞を殺すために効果的です。アルテミシニンは、化学療法と組み合わせて使用 することができます。

アルテミシニンは、食物と一緒に取るべきで、必須脂肪酸(例えば、アマニ油)は、ハーブの吸収を助けることができます。高用量の膵臓の酵素とコエンザイムQ-10はまた、アルテミシニン治療中に使用する必要があります。

しかしこのハーブは、不適切に使用すると有毒のため、この治療法の選択肢を探求したい場合はホリスティックな獣医に相談してください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座