犬の乳がん

犬の乳がんは、おそらく少数の予防できる癌の一つです。子犬が初ヒート(生後6ヶ月前後)の前に避妊手術した場合、乳がんを発生するチャンスは避妊手術していない犬に比べると 大幅に低くなっています。

子犬が初ヒート前に避妊手術をした場合乳癌の発症リスクは約0.05%ですが、初ヒートの後にすると、リスクは約8%で、さらに、第二ヒートの後にはリスクが26%に上がります。

避妊手術をしていない雌犬の状況はさらに深刻です。 4歳以上避妊手術をしていない雌犬の場合は、4匹に1匹がおそらく一生の間に1回やそれ以上乳腫瘍を発生し、 このような腫瘍の約半分は悪性であります。 さらに、これらの悪性腫瘍の50-75%は再発するか、または1-2年以内に肺に拡散することによって犬の命を奪います。

犬の乳腺腫瘍の種類

幸いなことにすべての乳腺腫瘍が癌ではありません - 犬の乳腺腫瘍の約半数は良性です。良性乳腫瘍の一般的な種類は、良性混合腫瘍、腺腫、繊維腺腫、ダクト乳頭腫などがあります。

悪性乳癌にも多くの種類があります。最も一般的な種類は癌腫(固体、未分化)、腺癌(管状、乳頭状、乳頭状嚢胞)、悪性混合腫瘍、骨肉腫および繊維肉腫などです。

犬の乳がんの症状

乳腫瘍の大きさや形はさまざまです。時には明確な一つ固体の塊で、時には複数の腫瘍もできます。犬の5つの乳腺のいずれかで発生することがありますが、 より一般的に発生しやすい腺は最後の2つ(4番目と5番目の腺)です。

多くの場合は良性の乳腫瘍が滑らかで、小さく、成長が遅いものです。しかし、悪性腫瘍は、通常急速に成長し、不規則な形状です。また、潰瘍と出血する場合があります。

原因とリスク要因

犬の卵巣によって生成された性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)は、乳房組織の細胞の有害な感作を引き起こすことが考えられます。このホルモンの影響を受けて 組織細胞の遺伝子が変異し、がん細胞になる可能性があります。

避妊手術をしていない中年のメス犬は乳癌を発症するリスクが高いのです。

プードル、テリアとコッカースパニエルは、乳癌になりやすいです。ジャーマンシェパード、ドーベルマンピンシャー、や北欧の犬種は乳癌を発症した後、状況が深刻になりやすいようです。

診断と治療

Jack Russell Terrier

正確な診断(すなわち、乳腫瘍が癌であるかどうかを確認する)を得るために、通常獣医が腫瘍のサンプルを生検か、または全体の腫瘍を切除かをし、腫瘍の種類と細胞を分析します。

肺への転移が発生したかどうかを確認するために胸部X線を撮ります。さらに、がん細胞は簡単に周辺のリンパ節に広がるので、リンパ節も検査します。

特に高齢犬でない限り、手術は犬の乳癌の第一選択です。

手術切除は、乳腺腫瘍だけを切除するか、または影響を受けた乳腺に接続しているすべての周辺の乳腺組織とリンパ節を切除します。

複数の腫瘍が発見された場合、根治的乳房切除術をしなければなりません。 それはすべての乳腺や組織、周辺の皮膚、及び4つのリンパ節を切除します。

時々手術後、放射線が局所再発を減らすために必要となります。

また、がん細胞が肺に転移しないために化学療法も使用します。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座