犬の癌のためのハーブ

がんと闘うためのハーブは、従来の治療法と組み合わせて介入することなく、安全に使用することができます。

Dog in a Mask

多くのホリスティック獣医は、ペットの免疫系を強化するによってがん細胞の周囲の組織の拡散を遅らせることができると信じていて、いくつのハーブが犬の免疫力と他の臓器を強化 できるハーブを癌にかかっている犬に与えようと主張しています。

免疫力を強化し廃棄物の排除する器官(肝臓、腎臓、リンパ系)をサポートするハーブは、癌との闘いにおいて特に有用です。

ここでいくつのハーブをご紹介します。

免疫系強化のためのハーブ

発酵小麦胚芽抽出エキス(Avemar)

Avemarは、発酵小麦胚芽から作られた100%天然の製品です。Avemarの使用の最初の24時間でアポトーシス(がん細胞の自殺死)を誘導できることが見出されました。 また、抗炎症機能があります。さらに、アポトーシスの過程で死んだ癌細胞および他の毒素を犬の体から取り除くのに役立ちます。

インターネット上で「AveULTRA」という製品を検索してください。

犬のための投与量は下記のとおりです:
  • 11キロ未満 – 1日1/4パケット
  • 11-23キロ - 1日1/2パケット
  • 23キロ以上 - 1日1パケット。
推奨するスケジュールは、60日間毎日Avemarを投与し、その後は3ヶ月ごとに30日間生涯ずっとそのペースで投与します。

(注:ビタミンCがAvemarの効果を無効にすることがわかっています。したがって、愛犬にAvemarを与える場合、ビタミンCを与えないことを確認してください。)

キノコ

キノコは高いレベルの多糖類があるため、免疫力を向上させることができることを発見しました。特に、多糖類であるβ-グルカンは、ナチュラルキラー細胞の活性を300%まで高めることができます。 さらにキノコは、抗炎症、抗菌、抗酸化特性を有することが見出されています。犬のために作られたキノコの抽出物を買ってください(例: Hime-Matsutake 「姫マツタケ」)用量はラベルに従ってください。 相乗効果のためにAvemarと一緒に使用しましょう。

他の免疫強化ハーブ

弱った免疫力をサポートし向上させることができるハーブがいくつかあります。たとえば:
  • レンゲ:このハーブは免疫刺激剤で、犬の免疫力を高めるために使用できます。さらに、皮膚癌(メラノーマ)の拡散を阻害するアルカロイドが 含まれていることが判明しました。
  • エキナセア:このハーブは免疫力をサポートし強化するのに有効です。
  • ニンニク:硫黄含有化合物がたくさんあるニンニクは、 免疫力を強化するのに有用です。また、有益な細胞の増殖を刺激することができます。
  • 緑茶:緑茶が免疫力を高め、刺激に有効であることが発見されました。また、抗酸化物質であり、がん(特に胃と皮膚癌やいくつかの他の種類) に対する効果的なハーブです。
  • ヤドリギ:ヤドリギは血圧を調節し、免疫力を強化するために、広い範囲のアジアとヨーロッパで使用されています。またヨーロッパでは、 このハーブは一般的に癌を治療するために使用されています。
  • キャッツクロー:このペルーのハーブは、最近では免疫強化の特性だけでなく、抗酸化、抗炎症、抗腫瘍特性を持っていることが判明しました。

器官機能強化ハーブ

以下のハーブは犬の体のさまざまな器官の機能(例えば、肝機能、リンパ管の機能など)を強化するために使用できます。これらの器官を強化することにより、 全体の免疫力が改善され、犬がより多くのエネルギーと活力を持ち、がんと闘う力になります。

レッドクローバー

レッドクローバーは、多くのホリスティック医師はがんの効果的なハーブと主張しています。このハーブは、腫瘍を抑制する特性を有し、リンパ管の機能を強化しています。

ゴボウ根

ゴボウの根は肝臓のサポートと刺激し、体から廃棄物や毒素を除去し、長時間使用できる非常に安全なハーブです。

アルファルファ

アルファルファは、癌細胞の増殖の危険性を減らすことがわかっており、がん予防のためによいハーブと考えられます。

タンポポ

タンポポは、腎臓と尿管を介して廃棄物除去を助ける利尿ハーブです。また肝臓に優しい刺激を提供することにより、消化、廃棄物の除去を向上させます。

ミルクアザミ

このハーブは、肝臓からがんの有害な副産物を保護することができます。またミルクアザミは、化学療法に起因する肝臓の損傷から身体を保護するのに有効です。

バードックプラス - 器官機能強化ハーブブレンド

このハーブブレンドは以上のハーブが含み、がんと闘う犬の器官機能を強化します。

犬の癌のための他のハーブ

  • ショウガとウコン: これらのハーブも癌と闘うために役立つハーブが最近マレーシアで発見されました。マレーシアで行われた研究によると、 生姜が効果的に悪性腫瘍の成長をブロックします。また、ウコン抽出物は完全に癌細胞の更なる成長を抑制することも判明しました。
  • エイジアック・ティー: おそらくあなたは「エイジアック・ティー」(Essiac Tea) を聞いたことがあると思います。もともとはカナダの看護師、 R. Caisseによって開発されたがんの治療のためのハーブティーです。4つのハーブ(ゴボウの根、アカニレ、スイバ、トルコ/中国のダイオウルート)が含まれています。

    多くの人はEssiacが癌に対して有効であると主張し、ホリスティック獣医からは、エイジアック・ティーは犬の癌の治療に有効だと報告されています。

    犬のため作られたエイジアック・ティーはこのサイト(アメリカのサイトので英語のみ)から購入できます。口コミからみて、 効果がありそうですので、お試しください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座