犬のがんの予防

研究によると、約4匹の犬に1匹は癌を発症する可能性があります。さらに、10歳以上の高齢犬の半数以上ががんが原因で死亡します。

もちろん完全に癌を予防することは不可能ですが、我々は犬が癌を発症するリスクを最小限に抑えるためにできることはたくさんあります。

以下はホリスティック獣医師や他の専門家からの勧告です。

犬のがんの予防 - 食事

犬に高タンパク、低炭水化物、天然、高品質の食事を提供することで、犬が癌にかかるチャンスも低くなります。

その理由は?

犬は肉食動物であり、元々犬の祖先の食事は、タンパク質、脂肪、およびいくつかの野菜で構成されています。それは犬に対して最もふさわしい食糧です。

トウモロコシや小麦などの穀物は犬に対して、あまり有益ではありません。穀物ベースの食品は、高温で処理した場合容易に発癌物質を生産してしまいます。

また、トウモロコシと小麦のような穀物は、非常に簡単に単糖に分解されます。単糖は癌の食糧であるので、穀物ベースの食事を犬に与えると、特に犬が癌を発症し始めている場合は、 癌の増殖を促進していることになります。

さらに、低品質のドッグフードは通常、化学防腐剤、色紅または人工的な味を含んでいます。これらの化学物質は発ガン性物質が含まれています。

要するに、犬の癌予防の食事は主な材料がタンパクと不飽和脂肪として、そして少量の野菜を含む 手作り食事です。

新鮮な野菜より、発酵したもの(日本の浅漬けのようなもの)がより有益だと一部のホリスティック獣医師は提案しています。発酵プロセスによって、 野菜のビタミン含有量を増加し野菜がより容易に消化されます。さらに、発酵野菜は有益な善玉菌の貴重な供給源になります。

発酵野菜を作るために、すりおろした、シュレッド、またはピューレにした人参などの4カップの野菜を浅漬け容器に入れ、小匙1杯半の未精製海塩を加えてください。 さらに、アシドフィルス菌などのプロバイオティクスサプリメントを追加し、野菜の全体が野菜のジュースにつかるまで、重しを乗せてください。

しっかり蓋をし、野菜は酢のような香りがするまで室温で放置してください(2〜3日かかります)。その後、冷蔵してください。 犬の手作りの食事に大さじ1杯から¼カップまでの発酵野菜を追加しましょう。

犬のがんの予防 - サプリメント

Puppy

健康的な食事に加え、サプリメントも不可欠です。特に、抗酸化サプリメントは重要です。 フリーラジカルによる損傷から犬の体を守るのに役立つからです。

オーガニックココナッツオイルは、優れた抗酸化剤で、炎症やその他の問題を軽減し、防止します。また、 ココナッツオイルは抗腫瘍特性の脂肪酸をたくさん含めます。 (推奨用量:1日体重5キロあたり、小匙1杯のココナッツオイルを犬の食べ物に加えてください。)

オイルの代わりに、乾燥ココナッツの千切り(無加糖)も使えます。ココナッツの千切りはたくさんの繊維の供給源で、がん予防にも効果的です。 愛犬の手作りの食べ物に小匙1杯のココナッツの千切りを追加してみてください。乾燥食品を供給する場合は、少量の水を加えるか、ココナッツの千切りを先に浸した後、 食べ物に加えても大丈夫です。

他の強力な抗酸化物質は、ビタミンA、C、およびE、セレン、αリポ酸、グレープフルーツ種子エキスが含まれています。

犬のがんの予防 - ハーブ

多くのホリスティック獣医師は、がんを防ぐためにハーブの使用が有効だと示しています。抗癌特性が有るハーブは、次のとおりです:
  • キノコ (冬虫夏草、レイシ、シイタケ、マイタケ):最近の研究では、これらのキノコは多糖類がたくさん含まれていて、 また白血球への影響によって、免疫力を高めることができることを発見しました。さらに、これらのキノコは、抗炎症、抗菌、免疫刺激、抗酸化特性を有することが見出されました。
  • 緑茶:緑茶は免疫力を高め、刺激に有効です。また、酸化防止剤であり、癌のために効果的なハーブです。
  • ニンニク:ニンニクは、硫黄含有化合物をたくさん含めていて、 これらの化合物は、免疫力を高めるのに役立っています。また、ニンニクは有益な細胞の増殖を刺激することができます。
  • その他のハーブ:他の抗がんハーブはクルクミン、ウコン、レンゲ、と生姜が含まれています。

犬のがんの予防 - 運動

リンパ系は体の中で最も重要な防御システムの一つであるため、健康で循環がよいリンパは、がんの予防に不可欠です。犬のリンパ系を強くする一つ簡単な方法は、 犬に定期的な運動をすることです。(リンパ循環を促進するもう一つの方法は、毎日犬の足の方向から心臓の方向までブラシをかけることです。)

また、定期的な運動は犬の肥満を防ぐことができます。肥満の犬は健康ではなく、感染症や癌のような他の病気にかかりやすいです。

犬のがんの予防 - 他の方法

  • 環境毒素の排除:できるだけ、犬の生活環境から発癌物質(例:たばこの煙;ガス排気;放射線; 農薬などの有毒化学物質)を取り除きましょう。
  • 避妊・去勢手術:乳癌、卵巣癌、精巣癌などの犬の特定の種類の癌は、 早期避妊または去勢手術によって防ぐことができます。

    一方、早期の避妊手術はメス犬に血管肉腫の発症リスクを増加させます。 また、一歳になる前に避妊・去勢手術を受けた犬は骨肉腫を発症する、より高い可能性を持っています。

    ですので、愛犬に避妊・去勢手術をさせるかどうか、またいつさせるかを決める前に、愛犬の犬種は高い発がんリスクがあるか調べて、もしそうであれば、 どのタイプの癌かを調べるべきです。
  • 睡眠: メラトニンは免疫力を向上させ、強力な抗がんホルモンであり、 メラトニンの十分な量を生成するために完全に暗闇で少なくとも9時間の睡眠が必要だと研究で発見されました。 (完全な暗闇がメラトニンの生産を増加させる。)ですので、 癌を予防するために、犬(人も同じです!)は毎日全暗闇で途切ず9時間の睡眠が必要です。
  • ストレス:ストレスは免疫力を弱めるため、できるだけストレスの少ない環境を犬に提供しましょう。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座