犬の便秘

犬の便秘は、急性または慢性があります。

時折犬が急性便秘になることがあります。 食べ物に繊維を追加すると、すぐ正常に戻れますので、それほど心配することはありません。

しかし、慢性便秘は、犬の体が何か根本的な問題や病気を示しています。無視はできません。また、長期便秘は、 「巨大結腸症」になる可能性があります。巨大結腸症は、 廃棄物が大腸内に残っているため、大腸をストレッチしてしまいます。 その結果、大腸が異常に拡大して、正常に機能できなくなるという消化器疾患です。

想像できるように、巨大結腸症によって、廃棄物の中の毒素が犬の体に戻ってきます。その結果、食欲不振、腹部膨満、腹部不快感などの多くの健康上の問題を生じる可能性があります。 また、慢性便秘の場合は、大腸内の糞便物質が硬くなり、時間が経つと、完全な腸の宿便になる可能性があります。 したがって、愛犬が毎日ウンチをするかどうかの確認が重要です。愛犬がもし数日にも排便をしていないことに気付いた場合は、必ず、獣医師と相談してください。

犬の便秘の症状

  • 排便のいきみ;
  • 長期間に排便せず;
  • 膨れ上がった腹;
  • 食欲不振;
  • 硬くて乾燥した糞。

犬の便秘の原因 - ライフスタイルの問題

食べられないものを食べた

Rottweilers

一つ便秘の原因は、愛犬が何か食べられないもの(例えば、おもちゃ、木の枝、などなど)を食べたかもしれません。 愛犬は何でも、すべてを飲み込むように見える場合、 トレーニングが必要です。 例えば、愛犬は何かを飲み込もうと見たとき、すぐ「ダメ!」としっかりと言って犬を停止して、愛犬が停止してから、たたえてください。  そして、噛む用のおもちゃを与えてください。

運動不足

便秘のもう一つ可能な原因は運動不足です。愛犬は十分に毎日運動をしていますか。若い健康な犬は毎日少なくとも1時間の運動が必要です。散歩、走る、 そしてハイキングなどの運動はよいでしょう。

十分でないトイレ時間

ウンチさせるために、一日数回愛犬と外に出てみましょう。 多くの犬は、"トイレ"に行く機会がない場合、ウンチをしない傾向があります。あなたは一日中お仕事をする場合は、 ドッグウォーカーの雇用を検討してください。

不適切な食事

質の悪いドッグフードや不十分な水分摂取も便秘の原因になります。 愛犬に毎日新鮮な野菜を与えてください。 また、きれいな水がいつでも飲められることを確認してください。 脱水は犬の便秘の原因となります。犬の体内の水不足は便の硬化を引き起こす可能性がありますからです。

犬の便秘の原因 - 健康問題

上記の原因を除外できる場合は、多分愛犬の便秘んの原因がより深い健康問題であるかもしれません。 慢性的な犬の便秘を引き起こす可能性は、次のとおりです。

寄生虫

愛犬の消化器系で増殖し続ける寄生虫がいる場合、犬の腸には異物、未消化の食事、寄生虫自体から残留物がたくさん残ります。 その結果は? 慢性便秘です。

農薬やその他の有害化学物質

時々ノミ撃退用の粉末薬やノミの首輪などを使用しても便秘を引き起こす可能性があります。

心理的ストレス

人と同じ、ストレス、不安、またはうつ病を患っている犬も、慢性便秘にかかることがあります。

前立腺疾患

去勢されていない高齢オス犬の場合、便秘は、前立腺肥大、あるいは、前立腺癌などの前立腺疾患の発症の徴候かもしれません。

犬の慢性便秘考えられる原因がたくさんありますね。なので、愛犬の便秘状態が続けば、獣医師に相談することが重要です。

愛犬の便秘、いつ獣医を見る必要になるの?

前述したように、時折の便秘は心配するものではありません。しかし、愛犬が2日以上も便秘している場合、獣医に相談することをお勧めします。一部の便秘の原因は深刻かつ生命を 脅かす可能性がありますので、慎重に愛犬の様子を見て、必要に応じて獣医の治療を求めることが大切です。

愛犬は再発性または慢性の便秘がある場合も、獣医のアドバイスを求めることをお勧めします。通常、問題が再発する場合は、その問題がより深刻なものがあり、適当な治療、食事療法、 または愛犬のライフスタイルを変更する必要があるではないかと考えられます。

犬の軽度の便秘の自然療法

時折犬は軽度の便秘になったら、以下のくつかの自然治療法を試してみてください:
  • 缶詰のかぼちゃ:かぼちゃはビタミンA、C、およびE、食物繊維、また抗酸化物質がたくさん含まれています。愛犬が便秘気味になった場合、 数日間大匙1-2杯の缶詰かぼちゃを与えてください。
  • 亜麻仁:亜麻仁やオオバコ殻は、腸を潤滑し、排便を容易にすることができます。犬の食べ物に挽いた亜麻仁またはオオバコ殻の小さじ1/4-1杯を追加して ください。
  • アップルサイダービネガー:サイダービネガーは消化と便秘解消に役立ちます。 1日2回、犬の体重5キロごと、小匙1/4杯のりんご酢を食物と一緒に犬に与えることができます。
  • プロバイオティクス:プロバイオティクスは善玉菌が含まれ、 犬の消化器系の正常細菌叢を維持し、便秘、ガス、下痢などの消化器系の問題を防ぐことができます。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座