犬の糖尿病

犬の糖尿病とは、インスリンの減少、インスリンに対する細胞の感受性の低下、いずれかのため、グルコース(糖)を体内で利用できなくなる病気です。

糖尿病は猫と犬に共通の免疫疾患です。肥満の犬と非避妊雌犬はこの病気になりやすいです。糖尿病の発症は7歳から9歳の間が多いのですが、時にはとても幼い犬に発症する可能性もあります。

糖尿病はタイプIとタイプIIに分かれています。

犬の体がインスリンを作る膵臓細胞に攻撃すると、I型糖尿病が発生します。犬の体に十分なインスリンの量がないので適切に血糖を利用したり保存したりすることができなくなり、 体が増加した血糖は尿中に出され、体内から排出されます。結果として犬の体は、一貫したエネルギーレベルを維持するのに十分な血糖を持っていません。これは、 犬の糖尿病の最も一般的なタイプであり、「インスリン依存性糖尿病」(IDDM)と呼ばれています。

II型糖尿病はインスリンは生成されますが、十分に生産されていないかまたは細胞が本来あるべきのように敏感ではありません。細胞が敏感でない場合はインスリンが存在している にもかかわらず、グルコースが細胞に入ることができません。 II型糖尿病は肥満と関連付けられており、多くの場合体重減量と運動で治すことができます。II型糖尿病は犬にはまれであり、 「インスリン非依存性糖尿病」(NIDDM)と呼ばれています。

治療しないまま放置すると犬の糖尿病は腎不全や失明を起こす可能性があります。さらに、犬が細菌や真菌感染症に対する抵抗力が低下していて、肝臓や膀胱の病気を発症することも あります。

犬の糖尿病の症状

糖尿病の犬は、4つの典型的な症状を示しています:
  • 過度の口渇と大量の水分摂取
  • 頻尿
  • 食欲増加
  • 体重減量
A Sick Dog

上記の症状が起こる理由は、犬の体が高血糖値を下げることが必要だからです。しかし細胞への取り込みによってグルコースを減らすことはできませんので、尿で排出しようとします。 大量の尿を生産するため、犬はたくさんの水を飲む必要があります。

また、血液中のグルコースが多いにもかかわらず、細胞はグルコースを得ることができないため「まだ飢えているから、もっと食べて!」と体に知らせます。より多くの食べ物を食べている のにもかかわらず、体が食べ物に含まれるグルコースを使用することができないので犬の体重が徐々に減っていきます。

上記の症状に加えて、糖尿病には他の症状もあります、例えば:
  • 鈍い毛;
  • 脱毛;
  • 息が甘い匂いがする;
  • 再発性尿路感染症;
  • 皮膚感染症;
  • ただれやなかなか治らない傷;
  • 無気力;
  • 白内障

TOPへ戻る

犬の糖尿病の治療

残念ながら犬の糖尿病は治りません。インスリン療法で血糖レベルをコントロールすることが糖尿病の最も一般的な治療法です。

インスリン治療に加えて、犬の食事、サプリメント、運動、体重管理に注意を払うことが極めて重要です。

糖尿病の犬の食事

糖尿病の犬の食事の一般的なガイドラインは次のとおりです:
  • 一日に2回または3回、少量のドッグフードを犬に与えること。 定期的な小量の食べ物は糖分の利用とインスリンの生産が犬の体にとって容易になります。
  • 毎日同じ時間に、食べ物を与えること。
  • 毎日同じ量の食べ物を与えること。
また、これらの食べ物を避けてください:
  • ソフトまたはセミモイストのペットフード: 通常これらのフードは多くの砂糖、防腐剤、人工色が含まれています。
  • 多くの脂肪を含む肉や過度の脂肪: 脂肪を分解するために酵素を生産することが必要です。したがって、たくさんの脂肪を消化すると膵臓に余分な負担をかけます。
  • 高炭水化物食品: 犬の食事に炭水化物が多い場合、最終的には糖分に分解されます。血液中の過剰な糖が糖尿病になりやすくするのです。

ここで、糖尿病の犬のためのレシピを紹介しましょう:

糖尿病の犬の食事

以下のレシピはいずれも体重23キロの犬に一日の分量です。

レシピ1

材料:
  • ¾カップ低脂肪の牛挽肉(生または軽く炒める)
  • ¼カップ牛肝(軽く炒める)
  • 卵白2個(卵黄なし)、スクランブル
  • ½カップ蒸したまたは茹でたブロッコリー
  • ½カップ調理したズッキーニ
  • ½カップ無脂肪ヨーグルト
常温に戻った肉、野菜と卵にヨーグルトを加え、よく混ぜたら、犬に与えてください。

レシピ2

材料:
  • 1カップ調理した鶏肉、皮なし
  • ½カップ調理した鶏肝
  • 卵白2個(卵黄なし)、スクランブル
  • ½カップ蒸したまたは茹でたほうれん草
  • ½カップ調理したキャベツ
  • ½カップのカッテージチーズ
常温に戻った肉、野菜と卵にカッテージチーズを加え、よく混ぜたら、犬に与えてください。

以上の二つのレシピには、骨が含まれないので、カルシウムのサプリメントを追加する必要です。(450グラム当たりの食べ物、900ミリグラムのカルシウムを追加しましょう。)

運動

運動はインスリンの必要性を減少させる効果があるので重要です。しかし、不規則な運動がインスリンの需要量を不安定にするので、ポイントは:
  • 毎日同じ量の運動をすること。
  • 毎日同じ時間に運動をすること。
  • 運動時間の長さを毎日同じにすること。
日常の運動に変化がある場合、糖尿病の犬は危険な低血糖レベルになる可能性があります。したがって安全のため、愛犬を外で運動させるたび少量の糖源(例えば、蜂蜜、 コーンシロップなど)を持ってください。

体重管理

糖尿病の愛犬が肥満である場合、徐々に体重減量することを強くお勧めします。体重減量はインスリンの需要量を減らすことができます。ただし、ポイントは徐々に体重を減らすことです。 急激な体重減量は避けてください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座