犬の耳ダニ

Dog Scratching

ダニは非常に小さな寄生虫であり、犬に感染する最も一般的な耳のダニは、ミミヒゼンダニです。ダニに感染しているペットとの直接接触によって広がっています。

耳ダニは通常、犬の外耳道と頭部に潜んでいます。外耳道の皮膚表面に潜んでいる耳ダニは、耳の分泌物を食べます。ダニは犬の 外耳炎を引き起こします。さらに、外耳道や鼓膜に永久的に 損傷し聴力損失を引き起こす可能性があります。

犬の外耳道に住んでいるだけでなく、時にはダニが犬の体(背中、首と尾部領域)に移行することもあります。

犬の耳ダニのライフサイクルは3週間で、時には犬の身体から離れて生きることもできます。

全年齢の犬が耳ダニに襲われる可能性がありますが、子犬が最も一般的です。

多くの犬の病気のように、耳ダニの寄生は犬の免疫力低下による原因がほとんどてす。 つまり、正常な免疫力を持つ犬はダニに悩まされる可能性が低くなります。したがって、 耳ダニの寄生を排除するため、ダニを取り除くだけでなく犬の免疫力を強化することが重要です。

犬の耳ダニの症状

愛犬の両耳に以下の症状が出てくると、耳ダニの疑いが高いです:
  • 犬が耳を掻く;
  • 耳内に暗褐色のボロボロした耳垢がある;
  • 犬が頭を激しく振る;
  • 耳が腫れていて、痛そうに見える;
  • 耳から悪臭が出てくる;
  • 耳の周りが脱毛する。
上記のような症状は真菌や細菌感染症などの他の耳の病気に似ています。したがって、愛犬に上記の症状がでた場合、適切な診断のために獣医に連れて行ってください。 また犬の耳垢を取り、虫眼鏡を使って動いている白い斑点を探してください(それはダニです!)

TOPへ戻る

耳ダニのためのハーブ

従来の治療は殺ダニ剤やノミ撃退薬を使用します。

ハーブなどの自然療法は、耳を掃除し、ダニ退治に有効です。しかし、自然療法は従来の治療より治るまで時間がかかりますので、ダニの寄生が非常に深刻で、犬がとても苦しんでいる場合、 従来の治療のほうが適切でしょう。 寄生が深刻ではない場合、自然療法が殺ダニ剤、抗生物質、抗炎症薬(例えば、コルチコステロイド)などの薬による副作用を引き起こさないので、 良い選択肢ではないかと考えられます。

ここでいくつかの有用なハーブをご紹介します:

イエロードック

イエロードックハーブティーは犬の耳ダニの治療に有効です。沸騰したお湯(1/2カップ)にドライイエロードック(茶さじ1杯)を入れてください。お茶は室温に戻るまでを待ってください。 そして、お茶をこし布やちゃこしで漉しましょう。

1日2回、点滴器を使って、数滴のハーブティーを耳に注ぎ、そっと耳をマッサージしましょう。

オレガノ

オレガノオイルは抗菌、抗ウイルスであり、ダニ退治に効果的である。

15mlのオリーブオイルに、小さじ1/2杯のオレガノを入れ、24-48時間放置し、オイルをこし布やちゃこしで漉しましょう。 これで、オレガノ油が完成です。

点滴器を使って、数滴のオレガノオイルを耳に注ぎ、そっと耳をマッサージしましょう。

モウズイカとニンニク

モウズイカの抗菌、抗ウイルス特性が犬のダニによって引き起こされる耳の感染症にとても効果的です。 ニンニクは抗菌性があり、モウズイカとの組み合わせで使うと耳の問題を治療するために効果的です。

モウズイカ油とニンニク油の等分を混ぜ、この油の混合物の30ミリリットルごとに、10-20滴のオリーブオイル(またはビタミンEオイル)を追加し、よく混ぜてください。 点滴器を使って、犬の外耳道に数滴のオイルを入れ、優しく耳をマッサージしましょう。

免疫力を強化するための栄養補助食品

耳ダニを排除することに加えて、犬の免疫力を強化するハーブや栄養補助食品を与えるのが不可欠です。

愛犬の免疫力を強化できるサプリメントは、次のとおりです:
  • ビタミンC:ビタミンCは抗酸化剤で、免疫系を強化でき、 ダニによって引き起こされる耳の感染症の治療を加速させます。(投与量:小型犬 - 1日2回 125 mg;中型犬- 1日2回250 mg; 大型犬 - 1日2回 1,000 mgまで)
  • アップルサイダービネガー(リンゴ酢):また、犬の飲用水に小匙1-2杯の サイダービネガー を入れてください。
  • エキナセア:エキナシア は、免疫力を強化するために犬に与えてください。

耳ダニの治療の際の重要な注意点

耳ダニの治療が効果的になるため、犬の外耳道の汚れをすべて掃除する必要があります。

犬の耳ダニを治療する際、耳ダニのライフサイクルを忘れないでください。耳ダニのライフサイクルは3週間くらいですから、完全にダニを取り除くために治療は約3週間の間隔で 繰り返される必要があります。

耳ダニは非常に伝染性で、感染の症状がない場合でもご家庭内のすべてのペットを治療する必要があります。単に、一匹のペットを治療しなくでも再感染することがあります。

前述したように、耳ダニは外耳炎を引き起こす可能性があります。したがって、愛犬の耳ダニの治療後まだ耳の感染症に苦しんでいるようであれば、適切な診断するため獣医に相談して ください。 もし外耳炎があれば、もちろんそれに応じて治療する必要があります。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座