犬の頻尿

頻尿は犬の排尿に関する問題の一つです。

愛犬は完全にトイレの訓練を受けましたものの、最近ではより頻繁にお家の中に、あっちこっちで排尿する場合、通常、これは病気のサインですので、愛犬の健康状態に注意を払う必要があります。

犬の頻尿の原因

尿路感染症

dog

メスの犬は尿路感染を受けやすいです。頻尿は尿路感染症の一つの症状です。他の症状は排尿時のいきみ、尿中血液が見られます。  また、尿路感染にかかっている犬が無気力になったり、熱を出たりします。

膀胱結石

頻尿と血尿は膀胱結石の症状で、尿路感染症の症状と同じですので、適切な診断のため、即時の検査は 必要です。

膀胱癌

頻尿と血尿はまた、膀胱癌の症状で、膀胱結石や尿路感染症の症状と同じですので、適切な診断のため、 即時の検査は必要です。

腎臓の問題

愛犬はより頻繁に排尿し、尿の色は非常に薄いの場合は、ホルモンの不均衡(老犬ではより頻繁に発生します)の原因で腎臓が正常に動作していないことを意味するかもしれないし、 あるいは、慢性腎不全の原因も可能です。

前立腺の問題

オス犬がより頻繁に排尿し、また排尿時のいきみが見られる場合は、前立腺肥大などの前立腺問題か(非去勢雄性老犬に多い)、あるいは細菌感染症にかかっているかもしれません。 細菌感染症の場合は、尿が血まみれになります。 前立腺癌は稀ですが、症状の一つも頻尿です。

糖尿病

愛犬はより多くの水を飲んでいて、そして頻繁に排尿している場合、糖尿病にかかっている可能性があります。 通常、糖尿病の犬は、食欲がよく、より多くの食べ物を食べるが、体重が減り続けます。

クッシング病

クッシング病のほとんどの症例(約85%)は下垂体の良性腫瘍の結果です。病気は通常、老犬に影響を与えます。 頻尿のほかに、クッシング病の犬はより多くものを食べ、たくさんの水を飲む傾向があります。 他の症状は、弱い筋肉やたるみの太鼓腹、喘ぎ、脱毛などです。

肝疾患

肝疾患(例えば、炎症、門脈シャント)にかかっている犬が過度に水を飲み、結果として頻繁に排尿します。 肝臓の問題を持つ犬はまた、食欲不振、虚脱感、下痢、嘔吐などの症状を示しています。

犬の頻尿 - 他の可能性

時々犬の頻尿は、病気の原因ではありません。以下の可能性も考えられます:
  • 妊娠:非避妊雌犬がより頻繁に排尿している場合は、妊娠したかもしれません。成長している胎児は、母犬の腹部に多くのスペースを占めているので、 頻繁に排尿する必要になります。
  • 発情期:非避妊雌犬の頻尿もう1つの可能な原因は、発情期に入るかもしれません - 発情周期に関連するホルモンの変化は、頻繁な排尿に関連付けられています。
  • マーキング:非去勢オス犬が頻繁に排尿している場合、マーキングしている可能性があります。
  • 心因性多飲症:これは犬が大量の水を飲んでいて、頻繁な排尿する行動上の問題です。正確な原因は知られていないが、ストレスや退屈の原因である かもしれません。犬の気が散るため、長い散歩やゲームなどをさせてみてください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座