犬のじんましん(蕁麻疹)

犬のじんましんは突然犬の顔、耳、あるいは体の一部の皮膚が赤くなり、隆起して、そして激しい痒みに至る皮膚のアレルギー反応です。最も一般的には、 虫刺された直後短期的なアレルギー反応の一種です。

その他の原因としては、特定の食品、有毒植物、家庭用化学製品、特定の医薬品(例えば、ペニシリン、テトラサイクリン、および他の抗生物質など)、およびワクチンです。

通常、犬はアレルゲンにさらされた15-20分以内にじんましんを発生します。

一般的な犬のじんましんは生命に関わることはなく、隆起した部分はすぐに消えてしまいます。しかし激しい痒みのため、犬に不快感や多くのストレスを引き起こす可能性があります。

犬のじんましんの症状

一般的な症状は次のとおりです:
  • 体の皮膚、顔、耳、および/または舌の上に隆起した部分が見える;
  • 隆起した部分の毛が立ち上がる場合がある;
  • 激しいかゆみのため、犬が患部を絶えず掻く;
  • 時には呼吸困難、目や顔が腫れる等、より深刻な症状も出てきます。

いつ獣医に行くべきの?

以下の症状がある場合すぐに獣医に行ってください:
  • 呼吸困難;
  • 顔が腫れているため、呼吸がスムーズにできず;
  • じんましんが丸一日消えない。

犬のじんましんの従来の治療

従来の治療は、抗ヒスタミン薬(例えばベネドリル)が使用されています。深刻なケースは、コルチコステロイドの使用が必要な場合もあります。

じんましんは食品を摂取した原因の急性反応によって起ると判断できる場合は、獣医が犬の消化器系から素早く食べ物を排除するために、マグネシアのミルクを使用します。

じんましんは、アレルゲン(例えば局所的な殺虫剤、ノミの製品)との直接接触によって起こる場合はシャンプーをすると毛や皮膚からその化学物質を取り除くことができます。

犬のじんましんのためのハーブ

Dog in Bath

深刻でない犬のじんましんは、かゆみを軽減するためのハーブが使用できます。
  • 麦:麦は肌をやさしく癒し、痒みなどの症状を減らすことができます。一つの治療方法は、患部にオートミールのペーストを直接貼り付けることです。 オートミールのペーストを作るために、水にオートミールを加え、加熱し、湿ったペーストのようになるまで調理します。ペーストが冷却したら、患部に直接貼り付けてください。 またかゆみを軽減するために、犬に「オートミールのお風呂」を提供しましょう。2リットルの水に450グラムの有機麦わらを沸かし、それを犬の浴槽の湯に追加してください。
  • 緑茶:お湯2カップに二つの緑茶ティーバッグを入れ、5分くらい待ってから、ティーバッグを取って下さい。お茶が室温まで戻ったら、 患部に注ぎましょう。そのまま自然に乾くまで待って下さい。
  • カモミール:犬にかゆみがあり、皮膚が赤くなっている場合は、カモミールティーでリンスしてみて下さい。作り方と用法は上記の緑茶リンスと同じです。

血液を解毒しましょう

じんましんはアレルギー反応の一つの症状ですので、体内の毒や化学物質を排除するために、時折ハーブを利用して、解毒するのがお勧めです。

バードックプラスはゴボウ、タンポポ、マリアアザミなど のハーブをブレンドしたものです。皮膚の問題がある犬によく効きますので、お試しください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座