犬のホットスポット(表在性膿皮症)

表在性膿皮症、別名ホットスポットは、犬の皮膚にできる斑であり激しいかゆみを伴います。犬の体の免疫力が低下することにより皮膚上の細菌が増殖しやすくなるため発生します。

ホットスポットはとても素早く感染します。激しいかゆみはしつこくひっかく原因になります。その結果皮膚に炎症、かぶれを起こし、続いて脱毛症や斑が真っ赤に腫れてしまうことも あります。皮膚が傷ついてしまうと細菌が毛包に潜入し、とてもすばやく増殖してしまいます。ひどく炎症をおこした場合傷は緑がかった色に変色し、臭い膿がでてきます。 傷はひどく痛がゆく、出血するまでかんだり、ひっかいかり、舐めたりする傾向があるでしょう。

ホットスポットの症状と治療

症状は下記のとおりです:
  • 激しいかゆみ
  • 痛々しく腫れている、または膿んでいる傷
  • 脱毛症
  • 興奮しやすくなる
ホットスポットが最もできやすい部位は下肢、脚、脇腹、そして臀部です。

全種類の犬にホットスポットが発生する可能性はありますが、最もなりやすい犬は被毛が厚く、肌が不潔、アレルギーやノミ・ダニ等の寄生虫が存在する犬です。痛みがホットスポットを 引き起こすこともあります。痛みがある所を犬が舐めたりかんだりし続けると最終的にはホットスポットになってしまいます。

時にはホットスポットに似た症状が実は別の病気だったということもあります。

例えば菌類病であったり、癌の種類にもホットスポットと似たような症状から発生するものもあります。そのため適切な検査やテストをして正しい診断をおすすめします。

従来の治療では一般的に、かゆみを抑えるための抗ヒスタミン薬、ベナドリルや短期作用のコルチコステロイドなどを投与します。通常炎症を予防するための抗生物質を投与する傾向が ある獣医もいます。

TOPへ戻る

自然治療法

Bull Dog

ほとんどの場合、犬のホットスポットは深刻なものではなく、家で治療することができます。ただし、一つ忘れないことがあります:もし愛犬のホットスポットは数日間自宅で治療後に 消えない場合は、また、皮膚は膿が出たりする場合、獣医の治療が必要になります。

犬のホットスポットを治療する際に覚えておくべき最も重要なポイントは、患部が常に乾いた状態に保つことです。

これをしてみてください:
  • 先ず、患部とその周辺の毛を切ってください。患部が痛いので、犬の機嫌が悪いかもしれません。 必要であれば、犬に口輪をつけてください。
  • 毛を切ったら、刺激しないマイルドなスキンクレンザーを使用して、患部をきれいにしましょう。
  • その後、消毒剤を使用して、ホットスポットを消毒してください。
  • 消毒した後、なだめるような効果のため、ホットスポットに数滴のアロエジュースを塗ってください。 (アロエは、抗菌性もある)。あるいは、マヌカハニーも 使用できます。
愛犬のホットスポットは非常にかゆみがある場合は、涼しい湿ったタオルで患部に1日2-4回冷湿布を適用しましょう。これは、激しいかゆみを軽減することができます。

さらに、患部に緑茶湿布を適用することも効果的です。緑茶は、抗生物質や抗菌性であるので、ホットスポットなどの犬の皮膚の炎症の治療に有効です。

簡単な緑茶湿布作る方法は、1カップのお湯に2つの緑茶ティーバッグを入れ、室温に戻ってから、湿布として茶を使用し、患部に適用してみましょう。1日2-3回を繰り返してください。

血液を解毒しましょう

ホットスポットはワンちゃんの免疫力が低下していて、また、体内の毒や化学物質が溜まっている症状ですので、毒素を排除するために、時折ハーブを利用して、解毒するのがお勧めです。

バードックプラスはゴボウ、タンポポ、マリアアザミなど のハーブをブレンドしたものです。皮膚の問題がある犬によく効きますので、お試しください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座