犬インフルエンザ

犬の病気を引き起こすインフルエンザウイルスは、もともと馬のインフルエンザウイルスであった A H3N8インフルエンザウイルスです。

このウイルスは、馬から犬に移り変異しました。 今では、犬の間に広がり「イヌインフルエンザ」と呼ばれる呼吸器疾患を引き起こしています。犬のインフルエンザは人間には移らない、 犬だけの病気です。ウイルスは、馬のインフルエンザと類似して、人に感染する豚インフルエンザや鳥インフルエンザとは全く異なっています。

犬インフルエンザの症状

Sick Dog

犬インフルエンザウイルスは2-4日に渡り潜伏します。 犬がウイルスに感染した2-4日後、下記の呼吸器症状が現れます。症状は約7日間続きます。

症状(くしゃみ、鼻水)はケンネルコフと似ています。

さらに、犬は以下の症状が出る可能があります:
  • 結膜炎;
  • 発熱(41°C以上になることがあります);
  • 食欲不振;
  • 無気力さと弱さ;
  • うつ病。

犬のインフルエンザウイルスはどのように広がるの?

ウイルスは感染した犬の鼻の分泌物(くしゃみや咳)、また、感染した犬のベッド、ボウルなどの直接触れるものから広がっています。

愛犬に咳やインフルエンザの症状が見られる場合、他の犬にウイルスが移らないように隔離させてください。

犬インフルエンザの感染を引き起こすリスク

  • 過密状態: たくさんの犬がいる場所(例えば、ペットホテル)はインフルエンザウイルスに感染しやすくなります。
  • ストレス: 人間のようにストレスをかかえてると犬の免疫力も低下し、感染症や他の病気によりかかりやすくなります。

犬のインフルエンザの従来の治療

ほとんどの犬は治療なしで回復できます。しかし、時には肺炎など深刻な症状を発症し、死に至るケースもあります。

現時点では従来の治療は主に対症療法のみです。たとえば:
  • 抗生物質:細菌の二次感染が疑われる場合に抗生物質が処方されます。
  • 静脈内輸液療法:感染した犬は十分な水分補給が必要です。
  • 他の薬:犬がより快適になるために、咳抑制剤などの薬が処方されます。

犬のインフルエンザの自然療法

ハーブ、ミネラル、ビタミンなどの自然療法は、インフルエンザウイルスに感染した犬の免疫力をサポートするために効果的です。

免疫力を強化し、サポートするハーブはエキナセア、レンゲだけでなく、様々なキノコも利用できます。特に、霊芝、マイタケ、とシイタケは免疫増強特性を持つ大量の多糖類が含まれます。

さらに、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、緑茶などの抗酸化物質は、免疫をサポートするのに有効的です。

インフルエンザに感染している犬の世話をする方法

犬インフルエンザウイルスに感染している場合、犬は十分な休息が必要です。運動量も控えてください。

さらに脱水を防ぐために、犬にたくさんの水を飲ませてください。

可能な限り犬を刺激性物質や汚染物質(例えば、タバコの煙、ハウスダストなど)から離してください。

愛犬の咳を和らげるために、エッセンシャルオイルが効果的です。ラベンダー、ユーカリ、ティーツリーの精油は、抗菌、抗ウイルスの力があります。カモミールの精油は鎮静効果があります。気化器やディフューザーで使用してください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座