犬の白血病

白血病は血液、または骨髄中の白血球数が異常な速度で増加する悪性癌です。遺伝子変異の結果、骨髄の構造に変化が起こります。 その結果、骨髄が大量のがん細胞を生産し、他の健康な血液細胞の生産が不足します。

犬の白血病はいくつかの種類があります。それは影響している細胞の種類や病気を引き起こす癌細胞の発達段階によって、分類されています。

リンパ性白血病は、リンパ節細胞を影響します。骨髄性白血病は、骨髄から発生します。犬はリンパ性白血病を発症しやすいです。リンパ性白血病と骨髄性白血病はいずれも、がん細胞の成長程度によって、急性または慢性があります。

急性白血病は、未熟な癌血液細胞(初期の成長段階にある血液細胞)の数が急速かつ急激に増加するとても深刻な癌です。 これらの未熟な癌血液細胞は、他の健康な血液細胞の産生を劇的に妨ぎ、犬の命に即時の脅威を与えます。

慢性白血病は、より成熟した血液細胞数が異常増加する癌です。癌細胞の増加は急激ではなく、むしろ数ヶ月から数年以上もかかります。慢性白血病は、老犬に頻繁に発生します。

原則として、犬の急性白血病は、慢性白血病よりもっと悪性的です。

犬の急性リンパ性白血病

前述したように、急性白血病は、慢性白血病よりもっと悪性的です。犬の循環系を利用して癌細胞は容易に肝臓や脾臓など体の他の部位に広がります。また、骨髄は必死に癌細胞を作っているので、健康な血液細胞がとても不足になります。

犬の急性白血病は通常、6歳以上の犬に影響を与えますが、若い犬(4歳未満)にも影響することが可能です。

急性白血病の症状

  • 出血、あざ(多数の未熟な血液細胞と血小板の不足のため);
  • 免疫力の機能不全の原因で、頻繁の再発性感染症と治癒時間の遅延;
  • 食欲の喪失;
  • 体重減少;
  • 無気力;
  • 淡い歯肉;
  • 下痢;
  • 跛行。

急性白血病の治療

Lab Pup

癌血液細胞の増殖を停止するために、化学療法が必要です。しかし、たとえ積極的に化学療法を使用しても、約30%の犬しか寛解することができません。

多くのケースは、犬の免疫力が癌の影響で弱まり、機能不全で陥っているので、犬が二次疾患で死んでしまいます。 頻繁に、より多くの薬(例えば抗生物質)は、二次疾患を治療するために必要となります。化学療法に加えて、多くの犬が白血病を起因する重度の貧血で、輸血を受ける必要もあります。

何も治療がなければ、ほとんどの犬は数週間以内に死亡します。

TOPへ戻る

犬の慢性リンパ球性白血病

慢性白血病の発見は非常に遅いです(数ヶ月または数年)。通常、老犬(10歳-12歳)が診断されています。多くの犬(約50%)は、症状を出しません。

犬の慢性白血病は化学療法によって効果的に制御することができます。さらに、たとえ化学療法を受けなくても、慢性白血病の犬は診断後2年まで生きることができます。

犬の白血病の原因

白血病の既知の原因はありません。しかし、多くの獣医師は、いくつかの犬種が病気になりやすいので、遺伝が要因である可能性が高いと考えています。また、定期的に放射線に浴び、いくつもの化学物質の摂取、ウイルスの感染なども可能な原因です。

犬の白血病の診断

適切なテストが白血病の診断に重要です。白血病の症状が多くの他の疾患(例えば、重症細菌感染症、膵炎などの炎症性疾患、自己免疫疾患リンパ腫)の症状と似ているからです。

犬の白血病の診断には、次のテストが含まれています:
  • 完全血球算定;
  • 生化学的側面;
  • 尿検査;
  • 胸部X線;
  • 腹部超音波検査および/またはX線;
  • 骨髄吸引;
  • リンパ節および/または腹部臓器の細針吸引。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座