犬の跛行

犬の跛行は、犬の足が完全に動くことができなくなり、また、痛みや不快感が原因で四肢に体重を均一に置くことができなくなります。

ほとんどの場合、犬の跛行は一時的なものです。でも、跛行が2ー3日以上続く場合は、獣医に相談してください。

犬の跛行は、年齢や犬種にかかわらず影響を与えます。

犬の跛行の原因

外傷

あらゆる種類の外傷が(例えば、皮膚が切れている、骨折や靭帯断裂など) 犬の跛行を引き起こす可能性があります。

愛犬が足を引きずっていたり、常に足を舐めていたりする場合、足を負傷しているかまたは異物がつま先の間に挟まれているかと考えられます。 必ず、愛犬の足を見て、 怪我や何か異物があるを確認しましょう。

膝関節の靭帯破裂も跛行の原因になります。特にもし子犬が突然足を引きずっていたら、この問題によって引き起こされるものかもしれません。

骨折も犬跛行を引き起こす原因の一つです。例えば、犬が車にはねられて骨折する場合があります。骨折はわずかな亀裂から、粉々になってしまうまで、いろいろな程度の重症度が あります。

跛行のもう一つの原因は膝蓋骨脱臼です。どんな犬種にも起きますが、チワワとプードルなどの小型犬に最もよく見られます。時には何らかの理由で、膝蓋骨が横向きに移動し、 足を曲げることができなくなります。しばらくすると、膝蓋骨が突然元の位置に戻り犬が再び正常に歩くことができます。

関節炎と股関節形成不全

Jack Russell Terrier

関節炎はまた、犬の跛行の原因です。関節炎は、ほぼすべての関節に発生する可能性があります。 しかし、背骨に沿った膝関節の部分と腰は一般的なところです。股関節形成不全は、 犬の股関節の異常な成長によるものです。

関節炎の典型的な症状は、犬がしばらく横になった後、立ち上がることが難しくなることです。

腫瘍

犬の跛行を引き起こす可能性がより深刻な原因は、骨や中枢神経系の腫瘍です。骨腫瘍は厄介で、 通常患肢の切断が必要です。

常にではないものの、一般的に言うと、子犬の跛行はほとんどの場合けがや成長の欠陥(例えば、股関節形成不全)の結果によって起こります。成犬の跛行は、けがや関節炎が発症した 結果である。高齢犬の場合、退行性関節疾患や関節炎は跛行の最も一般的な原因です。

犬の跛行の症状

  • 足を引きずったりする;
  • 足に体重をかけれなくなる;
  • 痛みのため犬が鳴いたり、うなり声を出す;
  • 犬は階段を上り降りすることができなくなる。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座