犬の肺癌

犬の肺癌は、原発性肺癌と転移性肺癌二つの種類があります。

原発性肺癌は、肺に由来する腫瘍です。ほとんどの原発性肺腫瘍は悪性で、腺癌が多いです。胸部X線を見ると、腫瘍が一つの大きな腫瘤として見られます。 犬の原発性肺癌はまれですが、浸潤性が高く、上胸部領域の局所リンパ節に転移することができます。腺癌は中枢神経系に広がる傾向にあります。

転移性肺癌は、足の骨、口、または甲状腺など体の他の部分に由来したが、血流を介して肺に転移してしまいます。転移性肺腫瘍は、通常、複数の塊として表します。

犬の肺がんの症状

通常、初期段階では症状はありません。 肺がんがさらに悪化になっていくと、1つの特徴的な症状は、慢性的な咳です。通常、犬が粘液を喀出しませんが、 少量の痰や血液を喀出するかもしれません。

さらに、犬はこれらの症状のいくつかを示します:
  • 呼吸困難 - 腫瘍は大きくなると、気管を圧縮し、犬の呼吸が難しくなります。時には、肺積水の原因で呼吸困難を引き起こすこともあります。
  • 跛行 - がんが手足に転移するときに発生します。
  • 無気力。
  • 体重減少。
  • 食欲の喪失
特に若い犬の肺がんは、非常に迅速に悪化することができます。

原因とリスク要因

多くの獣医師は、「間接喫煙」が犬の原発性肺癌の原因の一つであると信じています。ある研究では、喫煙者がいる世帯に住んでいる犬が、煙のない環境に住んでいる犬よりも、 肺癌の発症率が6割で高くなることが判明されました。

また、パグのような短鼻犬は特に危険にさらされています。これらの犬の鼻腔が短すぎるので、発がん性物質が吸入されると、容易に肺に届きますからのです。

中型と大型老犬は肺がんを発生する傾向があります。

犬の肺癌の診断と治療

Jack Russell Terrier

犬は肺癌の症状を示している場合は、通常、初期診断として胸部X線が行われます。獣医は、腫瘍の存在、大きさ、そして、胸腔内の流体をX線から探します。

腫瘍が見られる場合、腫瘍が癌かどうかを判断するために、細針吸引で肺組織の生検が必要になります。

原発性肺癌の場合には、手術が一般的な治療法です。

しかし、腫瘍の大きさと位置によって、完全にまたは部分的に切除することができない場合があります。このような場合には、腫瘍の種類に応じて、 手術に加えて化学療法や放射線療法は、がん組織の広がりや再増殖を防ぐために、使用されます。

転移性肺癌の場合は、手術ができません。放射線や化学療法で治療されています。

犬の肺癌の予後は、手術前に癌細胞が局所リンパ節や体の他の部位に転移したかどうかによって、2ヶ月から2年までの範囲です。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座