犬の疥癬

犬の疥癬は、寄生ダニによって引き起こる犬の皮膚病です。寄生ダニは、皮膚や毛包のいずれかに入り込み「生活」します。

犬の疥癬には2つの主な種類があります。

一つは、一般的に「疥癬」として知られているヒゼンダニ症です。

もう一つの種類は、「赤い疥癬」または「毛包虫症」として知られているニキビダニ症です。

ヒゼンダニ疥癬

ヒゼンダニ疥癬は、小さなヒゼンダニによって引き起こります。

メスのダニは宿主の皮膚にトンネルを深く掘って、そこで繰り返して卵を産みます。メスは産卵後、死亡します。

3−8日後、卵は6本足の幼虫になり、そして、幼虫は8本足のニンフになります。ニンフから成虫までは宿主の皮膚のトンネルに住んでいます。

成虫ダニは交配し、そして2−3週間のライフ・サイクルが再び開始します。

ヒゼンダニはほとんどの時間が宿主の皮膚に住んでいますが、宿主から数日間離れても生きることができます。 湿った、涼しい環境であれば、 最大3週間宿主から離れて生きることができます。

ヒゼンダニ疥癬は非常に伝染性であり、犬だけでなく、猫、豚、馬、ヒトを含む他の動物にも伝染します。ダニが宿主から離れても生きられるので、 犬は感染した動物と接触することなく伝染することが可能です。

ヒゼンダニは犬の皮膚にトンネルを掘って皮膚の中へ入り込むため犬に激しいかゆみを引き起こします。

一般的に影響を受けた体部分は毛があまりない部分、例えば、犬の胸、おなか、「脇の下」と耳。

ヒゼンダニ症の症状

  • 激しいかゆみ;
  • 耳端がカピカピになる;
  • 脱毛
  • 厚いうろこ状の皮膚;
  • 赤褐色の病変;
  • 病変の二次的細菌感染症。
愛犬がヒゼンダニ症二感染された場合は、まず他のペットや家族への感染を防ぐために犬を隔離する必要があります。

また、犬のベッドやカラーなども、おそらく徹底的に洗浄または交換する必要となります。

ヒゼンダニ症ダニは数日間お家の中で生き残ることができるため、生活空間から寄生虫を除去するために、お家も「大掃除」をしなければなりません。

TOPへ戻る

ニキビダニ症(毛包虫症)

Dog Scratching

実は、犬の皮膚には常に少数のニキビダニが住んでいます。 健康であれば、犬がこれらのダニと調和して共生することができます。しかし、免疫力が弱まった犬では、 これらのダニが多く繁殖し、犬に感染症を引き起こす可能性があります。

ニキビダニは人に感染しません。

犬に見られる毛包虫症が2つ一般的なタイプあります。
  • 局所感染症:ダニは犬の体のほんの小さな部分(通常は犬の顔、例えば、目の周りや口角など)に蔓延します。この状態は子犬に一般的で、 多くの病例は治療なしで犬自分自身がよくなります。
  • 全身感染症:毛包虫症は、皮膚の大きな領域や犬の全身に蔓延します。この状態は、激しいかゆみ、脱毛や悪臭の原因となる細菌の二次感染を引き起こします。 また、二次感染の場合には、皮膚が炎症になり、血液や膿がにじみ出ることがあります。

犬の疥癬の従来治療

ヒゼンダニと毛包虫症の両方の治療は、しばしばダニを殺すために強力な化学薬品で犬の体全体を浸漬します。

残念ながら、これらのディップは副作用を引き起こします、例えば:
  • 緊張感;
  • 中枢神経系の徴候;
  • 震え;
  • 食欲不振;
  • 嘔吐;
  • 下痢;
  • 体温下降。
他の薬は、局所適用またはシャンプー、経口投与、注射が含まれます。すべてのこれらの治療は化学物質を含んでいますので、副作用を引き起こす可能性があります。

犬の疥癬の自然療法

健康に良い食事

疥癬は、主に免疫力が低下した犬に影響を与えるので、犬は強い免疫力があることが一番重要です。

犬の免疫力を強化するための最善策は自然な、バランスのとれた、栄養価の高い食事を供給することです。

ビタミンやサプリメント

よい食事に加えて、以下のビタミンとサプリメントは、犬のかゆみを和らげ、皮膚の状態を改善することができます:
  • ビタミンE(毎日1kg当たり10〜20 mg);
  • ビタミンC(毎日2-3回、1kg当たり20 mg);
  • 魚油(毎日1−2回、5kg当たり小匙1/4-1/2杯) - 魚油はオメガ3脂肪酸がたくさん含まれ、かゆみを緩和するのに非常に効果的です。

局所適用のハーブ

抗菌性、消毒効果、と創傷治癒特性を持つハーブは疥癬にかかった犬のため、役に立ちます。
  • ティーツリーオイル:ティーツリーオイルが含まれている天然な犬用のシャンプーを使用してください。ティーツリーオイルは、 非常に抗菌抗ウイルス、抗真菌である強力な精油です。皮膚の問題を引き起こす細菌や他の微生物を排除するのに効果的です。
  • ニームオイルとラベンダー:疥癬の最も一般的な家庭薬の一つは、ニームオイルとラベンダーを使用することです。これらの二つの精油を利用して、 疥癬に対して効果的なリンスを作ることができます。ニームオイルは長い間ノミ、マダニ、ダニなどの害虫を撃退するために使用されています。 また、皮膚感染症の治癒特性を有している。ラベンダー精油は、小型犬に使用しても安全で、防腐抗菌、抗ウイルスの特性があるオイルです。

    疥癬のためのリンスの材料は次の通りです:

      * 1部のラベンダー精油
      * 1部のニームオイル
      * 10部のアーモンドオイル

    これらのオイルをよく混ぜ、1日に1−2回患部に適用してください。
  • ニンニク:ニンニクはダニが嫌う硫黄化合物を含んでいます。 したがって、希釈したニンニク油患部に局所的に使用することができます。 ニンニクも抗菌性があるため、患部にニンニク油を適用すると、細菌感染を最小限に抑えられるという利点があります。しかしいくつかの犬は、ニンニクに敏感であり、 その場合はハーブの甘草を代わりに使用することができます。
  • 他のハーブ:疥癬に対して有効である他のハーブは、エキナセア(免疫力を強化する、抗菌特性を有する)、キンセンカ(創傷治癒の効果がある)、 アロエベラ(抗菌性があり、かゆみや炎症のため効果がある)が含まれます。

経口投与のためのハーブ

細菌感染と闘うために、免疫系を強化するためのハーブが役に立ちます。例えば、エキナシア、ベータグルカン、オリーブの葉、ニーム、ゴボウ根、甘草とサルサです。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座