犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

Yorkie

メラノーマ(黒色腫)は、メラニン細胞(皮膚の色素と色を作り出す基底層の皮膚細胞)から発生する腫瘍です。

黒色腫は犬の皮膚癌の一般的な種類であり、犬の体のさまざまな部分から発生できますが、発生しやすい部分は口、皮膚、と足指です。

犬には、メラノーマの腫瘍がしばしば黒っぽく、肉質しこりとして発生しますが、時には非色素性の黒色腫が発生することもできます。 発生する場所によって、黒色腫は良性と悪性があります。皮膚に発生する場合、一般的には良性です。(皮膚に生じる黒色腫の約85%が良性です。)

しかし、黒色腫はつま先、目の下の部分、または口の中に発生すれば、悪性の傾向があります。また、これらの黒色腫は非常に速く他の臓器に広がる可能性があります。転移の一般的な場所は、肺、肝臓、リンパ節、副腎が含まれています。

犬の黒色腫の症状

皮膚に発生する黒色腫は、黒っぽく一つのしこりとして発生します。一般的に言えば、良性の黒色腫は着色が深く、より小さいものです。

口の中の黒色腫を持つ犬は通常、次の症状を示しています:
  • 口臭;
  • 痛みのため過剰なよだれ;
  • 痛みや食べることの難しさに起因する食欲不振;
  • 口からの出血;
  • 顔の腫れ;
  • 口の片側のみで噛む。
癌が成長し、肺に転移すると、咳(時々喀出された血液が見られます)、呼吸困難など呼吸器系の問題が示されます。

同時に、メラノーマ腫瘍自体が拡大し、潰瘍になって、二次感染が発生する可能もあります。

TOPへ戻る

原因とリスク要因

犬の悪性黒色腫の原因は知られていません。人と違って、犬は通常、太陽への過剰曝露の結果として、皮膚癌を得ることはありません。

犬の悪性黒色腫は、中年の犬と老犬(9歳以上)の間でより一般的です。また、雄犬は、より影響を受けやすいようです。

次の犬種は、皮膚やつま先の黒色腫に影響される傾向があります:
  • テリア(ボストンテリア、スコティッシュテリア、アイルランドのテリア);
  • スパニエル(コッカースパニエル、スプリンガースパニエル);
  • ボクサー;
  • チワワ;
  • ドーベルマン·ピンシェル。
以下の犬種は、口腔内の黒色腫に影響される傾向があります:
  • ゴールデンレトリバー;
  • スコティッシュテリア;
  • ダックスフント;
  • プードル。

診断と治療

犬の黒色腫の診断テストは、次のとおりです:
  • 生検;
  • 血液検査;
  • 胸部X線(がんが肺に転移していないことを確認するため)。
手術切除は皮膚に発生する黒色腫の一般的な治療法です。 しかし、口の中で発見された黒色腫の治療が難しくなります。これらの腫瘍が速く別のところに転移し、最も頻繁に致命的なので、迅速な治療をしなければいけません。

放射線に加えて、化学療法も使用されます。全身化学療法は、通常、腫瘍の成長を遅らせ、がんによる症状のいくつかを緩和することができます。

現在、犬の「悪性黒色腫ワクチンDNA」と呼ばれる新しいワクチンは悪性黒色腫を治療するために利用可能になります。このワクチンは、特定なタンパク質として、犬の体内に注入され、メラノーマ腫瘍の蛋白質の存在を犬の免疫系に警告するという働きをします。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座