犬の膵炎

膵臓は容易に破損して治癒に時間がかかるデリケートな器官です。膵臓は2つの重要な機能を持っています。まず、体がグルコースを使用・保存できるようにインスリンを生成します。 次に、体が脂肪やタンパク質を消化・吸収できるように膵酵素(アミラーゼ、リパーゼ、およびプロテアーゼ)を生成します。

犬の膵炎は、膵臓の炎症です。軽度の炎症や、出血を伴うより深刻な炎症もあります。

膵炎は、急性膵炎と慢性膵炎の二つがあります。 急性膵炎の発症は急激かつ迅速に発症します。急性膵炎から回復した犬は病気を再発し続ける可能性があり、症状は徐々に時間の経過 と共に悪化します(慢性膵炎)。

膵臓は深刻な炎症が起こる場合、膵酵素が膵臓から腹腔内に漏れ他の近くにある臓器(例えば、肝臓、胆管、胆嚢、腸)を消化し始め、それらの臓器へ永久的な損傷を引き起こすこと があります。

消化酵素を産生する多数の細胞が破損されている場合、不十分な食物消化の結果となり「膵機能不全」という状態になります。

インスリンを産生する多数の細胞が破損されているとき、糖尿病を発生する可能性がありインスリン療法が必要となります。

膵炎は中年犬や老犬で最も一般的です。 特に脂肪の多い食事、または多くのジャンクフードを食べている犬が膵炎にかかりやすいのです。

犬種面では、ミニチュアシュナウザー、ヨークシャーテリア犬が膵炎を発症する傾向があります。

犬の膵炎の原因

Basset Hound

根本的な原因は不明ですが、いくつかの発症トリガーが考えられます:

多くのホリスティック獣医師が犬の膵炎の主なトリガーの一つが食事であると信じています。

多くのドッグフードは自然の酵素に欠いているので、犬は食べる度、膵臓は食べ物を消化するために余分な酵素を一生懸命生産しなければなりません。その結果、 膵臓は慢性的なストレスや炎症の状態に落ち込んでしまいます。

さらに、現代の犬は脂肪が非常に高い餌を食べています。それも軽度に膵炎を再発させる引き金になります。

また、特定の薬物が犬の膵炎を引き起こすことがあります。例えば、臭化カリウムまたはフェノバルビタールなどの抗けいれん薬や、コルチコステロイド(プレドニゾン) と特定の利尿薬(例えば、フロセミドまたはフロセミドなど)はよく犬の膵炎を引き起こします。

他のトリガーは:
  • 代謝性疾患;
  • 肥満;
  • 膵臓への損傷;
  • 細菌感染症。

犬の膵炎の症状

膵炎に苦しむ犬には通常これらの症状が現れます:
  • 食欲不振
  • 激しい嘔吐下痢 (時には血が混っている);
  • 黄色、脂ぎった糞便;
  • 腹痛;
  • 腹部膨満;
  • 無気力さと弱さ;
  • 発熱;
  • 歩くことをためらう。

TOPへ戻る

犬の膵炎の食事療法

Dachshund

愛犬が膵炎か、膵炎を発症する傾向がある場合、膵臓に負担をかけないように低脂肪食を与える必要があります。植物油、バター、および他の脂肪の多い食品の摂取量を最小限に抑えて ください。

膵臓はインスリンを生成します。膵炎は糖尿病を引き起こす可能性があり、一方、糖尿病の犬は膵炎になりやすいので、糖分の摂取量にも注意を払わなければなりません。 高糖分の野菜(例えば、カボチャ、新鮮なトウモロコシなど)、果物、蜂蜜、穀物(米を除く)を避けてください。

犬の膵炎のために適切な 食材は、茹でた鶏肉とご飯やジャガイモ、または、無脂肪カッテージチーズ、七面鳥のベビーフードなどです。 そして少量のすりおろした キャベツとブロッコリーなどの低糖分の野菜も加ます。

低脂肪蛋白質(50%) 低糖分野菜(25%) 澱粉質の食品(25%)
鶏肉白身
牛赤身挽肉
卵白
低脂肪ヨーグルト
カテージチーズ
キャベツ
ほうれん草
ブロッコリーやカリフラワー
ズッキーニ
オートミール

ジャガイモ

キブルは通常、十分に自然の消化酵素が含まれていないので、犬の膵臓は食物の消化のため懸命に酵素を生成しなければなりません。毎日愛犬に手作りご飯を与えるのが一番ですが、 それはできなければ犬が必要な栄養素を摂取しているかを確認するために、栄養がよくバランスのとれた自然なドッグフードを与えてください。

また、膵臓にあまり負担をかけないように愛犬に小量の食物と水を一日を通して与えてください。より容易に消化されるため室温の食物を犬に与えましょう。

ここで、一つの犬の膵炎のためのレシピを紹介しましょう:

材料:
  • 茹でた鶏胸肉(皮なし):1カップ
  • キャベツ:1/4カップ
  • ズッキーニ:1/2カップ
  • ジャガイモ:3/4カップ
  • 低脂肪ヨーグルト:1/2カップ
調理した肉と野菜を混ぜ、常温に戻ったら、ヨーグルトとサプリ(以下参照)を加えてください。

以上の分量は、体重23kgの犬の1日の分量です。2−4回に分けて与えましょう。

以上のような犬の膵炎のための食事は、急性膵炎の場合、犬が回復している間に(数日または数週間)与えられると充分です。犬が完全に回復したら、通常の食事に戻ることができます。

しかし、慢性膵炎の場合、犬に一生涯膵炎のための食事を与えなければいけません。その場合、カルシウム(450グラムの食べ物当たり900mgのカルシウム) をサプリとして、犬に与えてください。

犬の膵炎のためのサプリメント

  • 消化酵素: 膵臓の負担を減し膵炎をより容易にコントロールするため、 膵炎になりやすい犬に消化酵素のサプリメントを与えることを多くの獣医が示唆しています。
  • プロバイオティクス: プロバイオティクスのサプリメントは消化器系の バランスのとれた腸内細菌叢を維持するためにも不可欠です。特に愛犬が抗生物質で治療されている場合これはとても重要です。さらに、プロバイオティクスの善玉菌は消化を助けます。
  • ビタミン: ビタミンCとEは犬の膵炎再発の頻度と重症度を減らすことができる抗酸化物質です。 また、膵炎からの回復をスピードアップすることができます。

犬の膵炎の予防

  • 運動:運動は消化を改善し腸の動きを促進します。 その結果、健康な消化器系を得ることができます。健康な消化器系を持っている犬は膵炎を発症 する可能性が低くなります。また、上述したように、肥満は膵炎の一つのトリガーです。定期的な運動は犬の体重を維持し、膵炎を防ぐことができます。
  • 食事と栄養: 愛犬にバランスのとれた自然食を供給しましょう。特に脂肪の多い食品やジャンクフードを犬に食べさせ過ぎないでください。

    愛犬に加工食品(例えばキブル、缶詰食品)を与える場合より重要なのは、消化酵素のサプリメントを提供することです。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座