犬の関節リウマチ

関節リウマチとは関節に影響を及ぼす自己免疫性の病気です。

犬の活発な免疫システムは体内と外部のプロテインを見分けることができません。

関節リウマチの場合、 免疫システムが抗体を生産し、 軟骨の表面を攻撃します。そのため炎症や痛みが発症し、さらに関節の表面にある軟骨や骨を破壊します。

関節リウマチの異常な免疫反応の原因は明確にはわかっていません。

犬の関節リウマチはまれですが、主におよそ四歳になる、トイや小さい犬種に発生しやすいようです。

症状

犬の関節リウマチは多くの場合、関節のいろいろな部分に影響を及ぼします。

ある特有な症状は 凝り、歩行困難や跛行です。

症状の状態によっては少々脚を引きずったり、歩けなくなることもあります。特に手首と飛節の様な小さめの関節が腫れることもあります。

その他の症状は、熱、食欲がなくなる、そしてリンパ節が膨張します。 免疫介在性関節疾患は軟骨を破壊する為、 骨関節炎を生じる原因になります。

従来の治療

軽度の関節リウマチの治療は抗炎症性の薬(例 NSAIDs)や拒否反応を抑制する コルチコステロイド (例 プレドニゾロン )等の薬を使用します。

時には炎症を抑える為に必須脂肪酸(オメガ3)のサプリメントを与えることもあります。

軟骨が破壊されてしまった重傷の状態の場合は、関節を修復する手術に至ることもあります。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座