犬の皮膚腫瘍

犬の皮膚腫瘍は、人より最大34倍以上発生します。 悪性皮膚腫瘍はすべての犬の皮膚腫瘍の約20-30%です。

良性腫瘍は、通常成長が遅いのです。時には、時間が経ってもなにも変化しません。一般的に言えば、良性皮膚腫瘍の形状が明確で皮膚の下に自由に移動できます。通常、犬は痛みを感じません。

一方、悪性腫瘍は通常非常に速く成長し、形状が明確でないため、容易に出血したり、潰瘍になったりします。

皮膚癌の種類によって、若い犬にも発生しますが、ほとんどの場合、中年や高齢犬に発生します。

一般的な良性の犬の皮膚腫瘍

脂肪腫

脂肪腫は犬で最も一般的な柔らかい皮膚腫瘍です。脂肪腫は柔らかく、細針吸引によって簡単に確認できます。 犬の動きや快適さを妨げない場合は、切除する必要はありません。

乳頭腫

乳頭腫は、一般的に犬の「イボ」として知られています。乳頭腫は脂肪腫よりも小さいのです。子犬に発生した乳頭腫は、ほとんどウイルス性であり、子犬の免疫力が成熟すると共に通常数ヶ月で消えます。高齢犬は、乳頭腫が細針吸引によって簡単に確認できます。小さなキノコのようで指状のイボの場合は、心配することはありません。しかし、大きく潰瘍した乳頭腫の場合は、手術切除と生検する必要があります。

黒色腫(メラノーマ)

黒色腫は犬の一般的な皮膚腫瘍です。場所によって、良性と悪性の両方があります。 皮膚に発生する黒色腫は一般的に良性です(約85%の皮膚黒色腫が良性です)。

他の良性犬の皮膚腫瘍

他の一般的な良性の皮膚腫瘍は、ワックス腺嚢胞(腺腫)、基底細胞腫瘍、毛包腫瘍などです。しかし、偶にはこれらの良性の皮膚腫瘍が癌になる可能性があります。したがって、念のためすべての皮膚腫瘍は細針吸引で診断されたほうがいいでしょう。

一般的な悪性犬の皮膚腫瘍

扁平上皮癌

A Sleeping Dog

扁平上皮癌では、犬の皮膚癌の最も一般的なタイプです。このタイプの癌は最初細胞内で成長し、徐々に完全に臓器を囲みます。

扁平上皮癌は、一般的に毛で覆われていない淡色の皮膚(犬のおなかなど)に発生します。 最も一般的な原因は日焼けによる損傷です。

このタイプの皮膚癌は通常潰瘍化し、治癒するのが難しいです。 扁平上皮癌は、局所浸潤性であるが、癌の後期になるまで広がることはほとんどありません。

特定の犬種(例えば、バセットハウンドとブラッドハウンド、シーズー、マスチフ)はこの皮膚癌には特になりやすいです。

扁平上皮がんは、通常は手術によって治療されています。手術ができない場合は、放射線を使用することができます。犬がこの癌を防ぐ一つの方法は、日光暴露時間を制限することです。

肥満細胞腫瘍

この皮膚癌は、組織の肥満細胞から発生し、非常に悪性である皮膚腫瘍です。 実は、肥満細胞腫瘍は犬にとって最も一般的で致命的な皮膚癌です。肥満細胞腫瘍の外観は、脂肪腫瘍およびその他の良性の皮膚病変に似ているため、診断が困難です。 したがって前述したように、すべての皮膚腫瘍は、適切な診断のために細針吸引が必要です。

血管肉腫

血管肉腫は、血管を囲む柔らかい支持組織から生じる癌であり、いくつかのタイプがありますが、最も一般的なのは、 肝臓や脾臓に起因するタイプです。しかし、皮膚に発生する可能性も時にはあります。

皮膚の血管肉腫は「真皮」または「皮下」に分類されます。真皮の血管肉腫の場合は、皮膚から上がった赤、または黒い病変のように見えます。通常過度の日光暴露の原因として発生します、ほとんどの場合は、薄い毛で覆われた部分(おなかや太ももの内側など)に発生します。ダルメシアン、ホイペットなどの白い短毛の犬は、この腫瘍にかかりやすいようです。

皮下血管肉腫は体内のどこにでも発生する可能性があります。時には、腫瘍が柔らかくて皮膚の下に移動できます。時には、腫瘍が硬くて浸潤性です。手術切除が最適な治療ですが、時には完全に切除できない場合があり、放射線治療および/または化学療法を使用します。

線維肉腫

線維肉腫は、頭蓋骨、脊椎、骨盤、肋骨の線維性結合組織から発生する軟部腫瘍の一種です。線維肉腫はしばしば皮下であるが、成長すると完全な手術で切除するのが困難です。これらの腫瘍は局所浸潤的ですが、体の他の部位に転移する可能性が低いのです。 この皮膚癌は、高齢のオス犬により一般的に発生します。治療は手術切除、および/または放射線の組み合わせです。

TOPへ戻る

犬の皮膚がんの症状

ほとんどの皮膚癌は、皮膚にしこりが現れます。もちろん、すべての皮膚のしこりは癌ではないが、犬にしこりを見つけた場合は、観察し続ける必要があります。それが急速に大きくなったり、潰瘍化になったりした場合すぐ獣医に行ってください。

局所症状(例えば、皮膚のしこり、潰瘍、痛み、かゆみなど)に加えて、癌が悪化するに連れて、全身症状を引き起こします。症状は癌の深刻さ、転移しているかどうかなどによって、それぞれです。 例えば:
  • 嘔吐および/または下痢。
  • 咳。
  • 食欲と体重の損失。
  • 弱さと無気力。
  • 拡大したリンパ節。
  • なかなか治らない皮膚病変。

犬の皮膚がんの原因

ほとんどの犬の皮膚癌の正確な原因は不明です。扁平上皮癌と血管腫については、日光の過剰な暴露が一つの可能な原因であります。

以下の犬種は、特定の皮膚癌にかかりやすいかもしれません:
  • ボクサー
  • マスチフ
  • バセットハウンド
  • スコティッシュテリア
  • ワイマラナー
  • ノルウェーエルクハウンド

犬の皮膚がんの診断

通常、細針吸引は皮膚腫瘍に癌細胞があるかどうかを診断するために使用されています。

がん細胞が発見された場合、組織生検が行われます。

他のテストは、完全な血球数、尿検査、胸部X線(がんが肺に転移しているかどうかを判断するため)が含まれています。

犬の皮膚がんの治療

治療の選択肢は、腫瘍の位置、癌の範囲と段階によって、腫瘍の手術切除、化学療法、および/または放射線治療が含まれています。

現在、犬の「悪性黒色腫ワクチンDNA」と呼ばれる新しいワクチンは悪性黒色腫を治療するために利用可能になりました。このワクチンは、特定なタンパク質として犬の体内に注入され、メラノーマ腫瘍の蛋白質の存在を犬の免疫系に警告するという働きをします。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座