犬のくしゃみ

犬は細菌やウイルスなどの感染性微生物を取り除くために、くしゃみをします。また、鼻の穴に入った異物を排出するためにもくしゃみをします。

犬のくしゃみが症状です。病気ではありません。したがって、薬で症状を抑制するより、犬の気道をクリアし、免疫システムを高めるために自然療法を使用することをお勧めします。 もっと重要なのは、犬のくしゃみを引き起こす根本的な原因を見つけることです。

犬のくしゃみの原因

犬のくしゃみを引き起こす原因がたくさん考えられます。例えば:
  • パラインフルエンザウイルスなどの空気中のウイルスによって引き起こされる上気道感染症や インフルエンザ
  • ボルデテラ、連鎖球菌などの細菌によって引き起こされる上気道感染症。
  • 花粉やカビによって引き起こされるアレルギー。(他の症状は皮膚を嘗め、掻く、噛む、など。)
  • 家庭用化学薬品や香水、タバコの煙など、他の製品に起因するアレルギー。
  • 鼻の穴に入った異物 (例えば、死んだ虫や、小さなおもちゃなど)。
  • 腫瘍(通常は鼻孔の片側から鼻血が出る)。
  • 歯の膿瘍(上犬歯が感染になると、くしゃみや鼻汁は、一般的な徴候です)。
  • パグ、ブルドッグ、ペキニーズなどの短鼻犬は、感染や刺激性の物質に対して、くしゃみする可能性が高くなります。

犬のくしゃみの原因を見つけよう

Dog with a Mask
愛犬にくしゃみを引き起こす原因を判断するために、以下の質問を答えてみてください:
  • くしゃみは、犬が森の中に散歩した直後に起こるのでしょうか? (考えられる原因:鼻孔内異物が入っている)
  • くしゃみは突然始まり、そして激しいのでしょうか? (考えられる原因:異物)
  • くしゃみは春または初夏だけに起こるのですか? (考えられる原因:季節性アレルギー)
  • くしゃみは、食べることによって引き起こすのですか? (考えられる原因:食物アレルギー
  • 鼻汁が片面のみ出るのですか? (考えられる原因:腫瘍、歯の膿瘍、異物)
  • 鼻汁は血が付いているのですか? (考えられる原因:異物、腫瘍、歯膿瘍)
  • くしゃみと共に、犬が発熱をしているのですか? (考えられる原因:腫瘍、上気道感染症)

こんな場合、すぐ獣医に行ってね:

  • 鼻汁は血まみれであるとき。
  • 鼻汁は呼吸阻害するとき。
  • 激しいくしゃみは一日3-4回日以上、そして3日以上続くとき。
  • 犬は弱くて、くしゃみのため、食べることができないとき。

犬のくしゃみのための自然な対処方法

もちろん、くしゃみの根本的な原因は、診断および治療する必要があります。

ちょっとでもくしゃみしている犬をより快適にさせるために、以下の自然療法が役に立ちます:
  • キンセンカやアロエの軟膏: 愛犬の鼻がくしゃみや鼻汁の刺激のため、赤く、敏感になると、患部にキンセンカやアロエのいずれかの軟膏を軽く 塗ってください。
  • ハーブ:免疫システムを高めるために、エキナシアなどのような免疫高めるハーブを愛犬に一週間くらい与えてください。
  • 酸化防止剤:ビタミンCとEは抗酸化物質で、炎症の強さを減らすのに有効です。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座