犬の脾臓がん

A Sick Dog

脾臓は胃の下にあり、主な機能は、緊急の時すぐ利用できる血液を保存し、古い赤血球を破壊することです。重要な臓器ではないのですが、脾臓は体の免疫システムに不可欠の一部です。

脾臓は赤くて柔らかいのであり、白い組織の白脾髄(white pulp)と赤い組織の赤脾髄(red pulp)が含まれています。白脾髄が感染症と戦うために役立ち、一方、赤脾髄が血液から有害物質を除去するフィルタとして働きます。

時には脾臓で腫瘍が発生します。腫瘍は良性の血管腫でもありますし、悪性腫瘍も可能です。悪性腫瘍は赤脾髄から成長する血管肉腫か、または、白脾髄から成長する肥満細胞腫瘍およびリンパ肉腫であります。

犬では、ほとんどの脾腫瘍は良性血管腫または悪性血管肉腫です。犬の脾臓がんの約45〜50%は血管肉腫です。

犬の脾臓がんの症状

脾臓の血管肉腫は、時々、犬の足(特に後ろ足)を弱くすることがあります。犬が 1-2日に、無気力に見え、そしてちょっと回復します。数週間または数か月後、また無気力になります。この弱くなったり、元気になったりする理由は、腫瘍の出血です。腫瘍出血の場合、血液が腫瘍の周りに集まり、血循環が悪くなります。その結果、犬が貧血の症状を表します(例:歯肉が白くなる、食欲損失、無気力など。)そして、一日か二日で、血液が腫瘍の周りに出て、血循環がよくなり、犬の体も回復します。

しかし、場合によっては、血液の損失は非常に迅速であり、症状が悪化することも可能です。結局、犬は出血の原因で死亡することもあります。

犬の脾臓がんの診断

血管肉腫を診断するために、以下の方法を利用します:
  • 血液および血清生化学検査
  • 血液凝固検査
  • 腹部の超音波検査
しかし、生検は確定診断を得るための唯一の方法です。

犬の脾臓がんの従来治療

脾臓の血管肉腫の従来治療法は手術切除です。脾臓は部分的または完全に切除されます。しかし、手術後一年以上まだ生存する犬がわずか10%です。

手術切除後化学療法(例:ドキソルビシン)を加えたら、約4.5-6ヶ月の生存時間が延長できます。

脾臓が他の重要な臓器に近くあるため、放射線療法はほとんど使用されていません。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座