鉤虫 - 犬の腸内寄生虫

Mini Dachshund

鉤虫(鉤虫とウンシナリア属)は、特に子犬に一般的な腸内寄生虫です。

犬の腸内に浮いている回虫と異なり、鉤虫は「歯」を持っていて、犬の腸壁に付着しています。 鉤虫は犬の血液を摂取します。 その結果、貧血、重篤な下痢などの問題を引き起こす可能性が あります。

鉤虫は糸のようにかなり小さいです(長さが最大2.5 センチ)。ライフサイクルは、犬の腸中に、成虫産卵から始まります。卵が犬の消化管に排出され、糞便を通じて外に出てきます。 環境が適当(高温多湿)であれば、卵は幼虫に孵化し、宿主を探します。

犬はどのように感染しますか?

幼虫の摂取

幼虫は汚染された食物、水、または土を介して犬に摂取されます。ほとんどの幼虫は、犬の腸に移行し、成虫まで腸に留まります。回虫のようにいくつかの幼虫が犬の筋肉、脂肪、 または他の組織のなかに嚢胞を形成し移行を一時的に停止することもできます。

皮膚からの侵入

幼虫はまた、皮膚(通常は肉球から)を介して犬の体内に入ることができます。一旦体内に入ったら、血流を介して肺や気管に移動します。それが原因で、犬が炎症や咳などの呼吸器の病気 の症状を出します。犬は幼虫を咳で吐き出し、また口から飲み込んでしまいます。幼虫は犬の食道を通り、腸に移行し、腸壁に付着して、成虫まで成長します。

胎内感染

被嚢した鉤虫の幼虫は妊娠中の犬の子宮に移動し、胎盤を通じて胎児に感染することができます。その後、幼虫は胎児の肺に入ります。子犬が生まれた後、幼虫を咳で吐き出し、 また再び幼虫を飲み込んしまいます。幼虫は子犬の食道を通じて、腸に移行し腸壁にに付着して成虫まで成長します。

授乳で感染

また、鉤虫の幼虫は母犬の乳腺に移行することができ、子犬が授乳するときに感染してしまうことがあります。飲み込んだ幼虫は子犬の腸内で成虫まで成長します。

犬の鉤虫症の症状

鉤虫は犬の血液を摂取するため、犬の貧血を引き起こします。感染した犬は次のような症状がでます:
  • 淡い粘膜、例えば青白い歯茎;
  • 無気力;
  • 黒い、タール便;
  • 鈍い毛;
  • 子犬の発育不全;
  • 下痢;
  • 嘔吐。
鉤虫が皮膚から侵入する場合、肉球や影響された他の部分の皮膚は:
  • 赤くみえます;
  • 出血します;
  • かゆみが出ます;
  • 感染します。
重症例では、幼虫が血流を介して肺に到達すると咳や肺炎を引き起こしてしまう可能性があります。肺炎は犬にとって致命的かもしれません。

犬の鉤虫症の診断

犬の鉤虫症は、顕微鏡で検便の中にある卵を検出することで診断されます。

まだ幼い子犬は、成虫が卵を産む前であっても鉤虫感染の徴候や症状が出始めることができます。したがって、卵は検便では検出されない場合もあります。そのような場合、 診断は臨床症状に基づいて行われます。

回虫に比べ、鉤虫の成虫は比較的小さく、糞便中で検出することが困難です。

犬の鉤虫の従来の治療法

鉤虫は深刻な貧血を引き起こすことがあるので、遅滞なく鉤虫を根絶することが重要です。獣医の監督の元が従来の駆虫治療は最善策です。

感染した犬のためのアフターケア

鉤虫に重傷感染した犬は栄養失調(鉤虫は体内の多くの必須栄養素を奪う)により体調が弱くなります。 犬の免疫力を強化するために、栄養素を補充することが重要です。

食事

寄生虫の治療期間後、犬に栄養のある食べ物を与えることが不可欠です。タンパク質と脂肪の多い食事が望ましいです。 例えば、食事の40%は肉や卵などのタンパク質が必要です。 脂肪供給のために魚油を与えましょう。

消化の改善

犬が正常に食物を消化し、栄養素を十分に吸収できるように、消化酵素プロバイオティクスのサプリメントを与えてください。

サプリメント

鉤虫に厳重感染した犬は、通常貧血状態です。したがって、ビタミンと鉄分のサプリメントを犬に与えてください。

犬の鉤虫の予防

衛生

鉤虫の幼虫は数週間、涼しい、湿った土の中で生きていますが、凍結や高温、乾燥した環境では生きれません。このため、毎日庭や犬小屋を清掃する必要があります。すべての犬の糞便を 収集して除去してください。

妊娠中のメス犬の駆虫

子犬を感染させないように、妊娠中の犬は特別な駆虫治療を受けることが不可欠です。また、出産後子犬と共に別の駆虫治療を受ける必要があります。

これらのページも見てね:

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座