老犬の行動変化

あなたは老犬を飼っていますか?飼っているなら、愛犬の行動に近年変化があることに気づいたかもしれませんね。いくつかの変化は、(例:運動量の減少、睡眠時間の増加など) 必然的に老化プロセスに起因しています。

しかし、多くの行動の問題は高齢犬の健康上の問題に由来しています。もし愛犬の行動を常に観察すれば、素早く問題を発見でき、そして適当な治療を得ることができます。

ですので、愛犬の行動の変化に注意を払ってください。犬は「習慣の生き物」であり、健康であれば、いつものように行動をし、生活をします。 正常な動作からの変化が健康上の問題のサインかも知れません。たとえば、動きの変化は、関節の問題、循環器、耳または眼の問題かもしれません。 トイレ習慣の変化はしばしば腎臓、血糖、消化器、ホルモンや代謝の問題を示しています。

高齢犬の一般的な行動変化

攻撃性になる

通常穏やかな犬は年を取ると共に、身体の変化のため突然攻撃的になる可能性があります。そのような一般的な身体の変化は、以下の通りです:
  • 聴覚や視覚の損失(犬が簡単にびっくりする)。
  • 関節痛歯の問題など、体の痛み。
  • 直接神経系(例えば、認知機能障害)に影響する疾患。
  • 特定の薬物に対する反応。
老犬が攻撃的になったら、根本的な原因を見つけるために獣医師の診察が重要です。

分離不安

ひとりぼっちの時、老犬は分離不安の典型的な徴候(例えば、吠える、噛む、不適切な場所で排泄する)を出す場合があります。

いくつかの理由があります:
  • 老犬は、変化に対応する能力が低下しています。
  • 老犬の聴覚や視力の損失に苦しむ原因で、ひとりぼっちの時に不安を感じているかも知れません。
  • 分離不安は健康上の問題によって起こるかもしれません。犬が痛みや不快感があれば、通常、「ママ」や「パパ」が自分の近くに居てほしいのです。

不眠

人のように、老犬は夜中に目を覚ます傾向があります。そして、すぐにまた寝ることが出来ないため、鳴き騒ぐことがあります。

いくつか原因が考えられます:
  • 体の痛み。
  • 視力や聴力の喪失に起因する不安。
  • より頻繁にトイレに行く必要がある。
そのようなタツナミソウ、バレリアン、カミツレ、パッションフラワー、およびオート麦などのハーブは、攻撃的、分離不安、または眠れない犬を落ち着かせるために利用できます。

このバレリアンプラスはバレリアン、オート麦、パッションフラワー などの心を落ち着くに役に立つハーブから作ったハーブブレンドです。お試しください。

トイレの失敗

適切な訓練を受けたものの、老犬が家であっちこっちでオシッコをしたり、ウンチをしたりします。これはいくつかの理由が考えられます:

ある病気(例えば、慢性の下痢炎症性腸疾患糖尿病、尿失禁、尿路感染症膀胱結石、膀胱感染症、 腎臓の問題、または肝疾患など)が犬の失禁を引き起こす可能性があります。 それらの病気を治療することによって、失禁の問題も解決できます。

関節炎や、他の痛み、視力の低下などの理由で、犬が自分自身外に行って排泄することが難しくなるかもしれません。

認知症がある老犬もトイレの失敗をすることがあります - 彼らは単に何をしているか気付いていない可能性があります。

覚えるべき事

Sleeping Dog

多くの高齢犬は体の問題のため、彼らの行動が変化します。したがって、老犬が上記の行動の変化のいくつかを出した場合、獣医師の検診がとても重要です。

老犬をより快適にさせるために、次のことを忘れないでくださいね:
  • 老犬はより簡単にストレスがたまる傾向があるので、家の周りで、できるだけ多くのストレス要因を排除しましょう。
  • 毎日の習慣を維持し、不規則な生活を避けましょう - 上述したように、犬は「習慣の生き物」なので、突然の生活上の変化が犬に不安を与えます。
  • 老犬は、聴覚や視覚を低下するため、彼らの近くにあまりにも速く移動したり、急な動きをしたりするのをやめましょう。 また、彼らを驚かせるかもしれないから大声で騒いではいけません。
  • 犬がトイレを失敗したことに怒ったり、犬を懲らしめたりしてはいけません。
  • 老犬を理解し、同情し、たくさんの愛情を与えましょう!

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座