犬のおやつ:カボチャ・クッキー

カボチャはビタミンと繊維が多く含まれているから、ワンちゃんにもとても有益です。犬が軽度の下痢、または便秘した時、大さじ1杯くらいのカボチャピューレを与えてみて下さい。きっと効果が出るのです。

ですので、冷凍庫に常にカボチャピューレがあったほうが便利です。

うちの場合は、いつも1個のカボチャを買って、半分に切って、スプーンで種と繊維をきれいに取り出してから、ラップをし、電子レンジで約25分間加熱します。加熱したら、カボチャが柔らかくなるので、容易にスプーンで中身を取り出します。全部取り出したら、ポテトマッシャーで潰して、カボチャピューレにします。

ピューレをアイストレイに入れて冷凍庫に保存すれば便利です。 例えば、ワンちゃんがちょっと便秘気味とすると、カボチャピューレを出して、常温に戻ったら、ワンちゃんに与えることができます。

元気な犬にも、カボチャピューレを与えられますよ! 例えば、常温に戻ったカボチャピューレにプレーンヨーグルトを加え、シナモンパウダーを振りかけて、よく混ぜて、犬のご飯の上にかけたら、おいしいしかも栄養たっぷりのトッピングになります!

もちろん、カボチャピューレを利用して、色んなビスケットやマフィンなどの犬のおやつを作ることができます。ここで、カボチャ・クッキーのレシピをご紹介します。

カボチャ・クッキーのレシピ

材料:

  • 全粒小麦粉: 2カップ
  • 無糖ピーナッツバター: ½カップ
  • かぼちゃピューレ: 1カップ
  • 卵: 2個
  • シナモンパウダー: 小さじ1
作り方:
  1. オーブンを180℃に予熱しておく。
  2. ベーキングシートにパーチメント紙を敷く。
  3. 大きなボウルに、すべての材料を入り、一緒に混合し、生地を作る。
  4. 生地を2枚のプラスチックラップの間に置き、手で軽く平らな正方形にする。
  5. 麺棒で生地を0.5cmの厚さまで伸ばす。
  6. クッキーカッターで、生地を好きな形に切り、ベーキングシートの上に置く。
  7. 25-35分間焼く。
  8. ワイヤーラックの上にビスケットをのせ、そのまま冷まして出来上がり。
密閉容器に入れて、冷蔵庫で2週間まで保存できます。

天然な食材から作られたおやつ

手作りおやつがいいですが、時間がないと、買うしかありません! 天然な食材から作られた安心できるおやつなら、 こちらのおやつはお勧めです。

これらのページも見てね:

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座