犬の膿皮症

犬の膿皮症は皮膚病と関連していて肌の表面下の膿が特徴です。

3つのタイプの膿皮症があります:

表面性膿皮症

炎症が皮膚の表面か皮下皮脂に発生する膿皮症です。例)ホットスポット

清潔に保ちにくい場所のため、細菌が繁殖しやすいので、炎症が発生します。

表在性膿皮症

皮膚内にスタフィロコッカス‐インターメジウス等の細菌が原因となる炎症が発生する膿皮症です。このタイプの膿皮症は一次性(根本的な原因がない)と二次性(遠因がある)があります。

二次性膿皮症が発生する原因:
  • 免疫力の弱い犬: 免疫力の弱い犬は細菌が繁殖しやすい為炎症につながる原因となります。栄養欠乏や自己免疫症(例えば、 甲状腺機能低下症)、 長期に渡ってのステロイド治療、あるいは癌の為免疫低下状態になります。
  • かゆみ:アレルギー、またはマダニノミ等の寄生虫が原因のかゆみは過度に咀嚼、なめる、ひっかく等をして皮膚にダメージを与え、元々の防御機構を破壊し、 細菌が皮膚に入り込んでしまうことでから膿皮症が発生します。

深在性膿皮症

犬が深在性膿皮症にかかることはほとんどありません。これは細菌が皮膚の表面下で炎症する病気です。深在性膿皮症にかかる犬はほとんどの場合免疫が 低下しています。他の病気に感染していたり体が弱っている犬に発生しやすいのです。

症状

Yorkie

表面性や表在性膿皮症は激しいかゆみを伴います。毛が抜け落ちたり、肌が赤くなることがあります。にきびのような膿疱ができたり傷害が残ります。 顔、 肢体や脚等の範囲以内に傷害が残ることが多くみられます。

深在性膿皮症にかかっている犬はかゆみと傷害に加え、 拒食症、無気力、弱っている、憂鬱, あるいは熱が出る症状がみられます。

TOPへ戻る

従来の治療

従来の治療は、抗生物質の使用、局所治療、および適切な場合、根本的な原因の治療が含まれます。また、寄生虫(例えば、ノミ、ダニ)の存在もチェックされます。

犬に膿皮症を引き起こす細菌は、ペニシリン、テトラサイクリンなどの一般的な抗生物質に反応しません。したがって、より強力な抗生物質(例えば、セファレキシン)を使用する必要が あります。深在性膿皮症では、様々な種類の強力な抗生物質の長時間使用が必要になるかもしれません。

局所的に、過酸化ベンゾイル、硫黄、乳酸エチル、またはクロルヘキシジンを含む特殊な抗菌シャンプーが使用されます。

自然治療法

膿皮症及びその他皮膚病も同様ですが、ホリスティックな視点から見て犬の 食事と免疫力に関連性があるものと思われています。

自然で健康に良い食事を与えられていて免疫力も強い犬は皮膚障害になりにくいのです。

このことをふまえて、膿皮症に悩んでいるならば、自然な、栄養豊富なバランスがとれた食品、ハーブやサプリメント等を愛犬に与えてみてはいかかでしょうか:
  • 脂肪酸、消化酵素、ビタミン(特にビタミンA,C,E)等の自然なサプリメントを与えましょう。
  • 免疫を高めるハーブ、エキナセアを免疫力回復のため与えましょう。免疫力を高めると皮膚病や膿皮症が抑えられます。
  • 膿皮症等の皮膚病が発症するということは体が毒素を排出しようとがんばっている証拠です。その為毒素を出す働きをする犬の肝臓を支えるための治療を行うことが 大切です。肝臓の再生を支えるハーブはミルクシスル(オオアザミ)、ターメリックやリコリスを含みます。
  • 肝臓と同様に血液の毒素を出すことも大事です。レッドクローバーやアルファルファ等のハーブが効果的です。

血液を解毒しましょう

バードックプラスはゴボウ、タンポポ、マリアアザミなど のハーブをブレンドしたものです。皮膚の問題がある犬によく効きますので、お試しください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座