犬の病気の症状

犬が実際に病気であるかどうかを判断する共通の症状があります。

このような犬の病気の症状を見る前に、健康な犬のバイタルサインをいくつか見てみましょう。

健康な犬のバイタルサイン

正常な体温

  • 成犬: 37.7°C-39.2°C (平均:38.5°C)
  • 子犬(4週齢):37.3°C
  • 新生児の子犬: 34.4°C-36.1°C

正常な心拍数

  • 成犬:60から160拍/分(サイズによって異なる - 大型犬は小型犬より心拍が遅い)
  • トイ犬種:最大180拍/分
  • 子犬(2週齢):220拍/分
  • 新生児の子犬:160から200拍/分

犬の心拍数を計る方法は次のとおりです:

指で犬の脈を見つけてください(犬の後足と体が接続する部分のすぐ下にあります)。 15秒間拍数を数え、4で掛けるとそれは一分間の心拍数になります。

犬の心拍があまりにも速い、弱い、または不安定であれば、獣医にチェックしてもらうようにしましょう。

正常な呼吸数

  • 成犬:10-30回/分 (平均(安静時):24回/分)
  • 新生児の子犬:15から35回/分 (2週齢まで)

12つの犬の病気のサイン

愛犬に次の症状のいずれかが見られる場合、直ちに獣医の手当てを受けることが必要です。

A Sick Dog

  • 持続的な嘔吐:持続的な嘔吐は脱水になる可能性があります。嘔吐は中毒のような 深刻な問題のサインや、胃腸の病気の可能性があります。また嘔吐物に血が見られる場合、胃潰瘍、胃がんや腎不全 を意味するかもしれません。非生産的な嘔吐は胃膨張の徴候である場合もあります。
  • 持続的な下痢:持続的な下痢も脱水になる可能性があり、重症感染症、中毒、 腸の損傷、癌、または腸疾患のサインかもしれません。
  • 発熱:発熱を伴う犬は感染症や食中毒に苦しんでいるか、または熱射病かもしれません。
  • 排尿習慣の変化:頻尿、痛みを伴う排尿、尿失禁などの排尿習慣は突然かつ重大な変化がある場合、膀胱または腎臓の 感染症、腎不全などの排尿の問題が考えられます。
  • 出血:特に尿や便中の出血は、血液凝固障害などの病気、膀胱結石、膀胱や腎臓の感染症 などの深刻な病気のサインです。また、中毒や体内の損傷を示すことがあります。
  • 食欲の変更:食欲や喉の渇きの急激な変化は犬の病気の警報です。それは、糖尿病クッシング病、腎疾患、肝疾患のような深刻な健康問題の症状です。
  • 急速な体重減少:体重減少はまたさまざまな深刻な病気の症状の一つです (例えば、 心不全、糖尿病、または肝臓や腸の問題など)。
  • 痛み:痛みがある犬は通常触られたくなく、触れると鳴いたり、突然攻撃的になったりする可能性があります。過剰なよだれも痛みのサインです。 痛みを引き起こす理由がたくさんあります(例えば、外傷、がん、皮膚炎、歯周の問題など)。
  • 呼吸困難:犬の呼吸困難や、息切れ、急激な浅い呼吸などの呼吸問題も病気のサインです。喘ぐ、痛み、発熱、 フィラリア、または心臓病かもしれません。呼吸困難は、 心臓や肺の問題、または異物による気道閉塞のサインです。
  • 跛行:突然の跛行や弱さは外傷、感染、または心不全かもしれません。特に高齢犬の持続的な跛行は、 関節炎の結果である可能性が高いのです。
  • 混乱、よろめき、または虚脱:これらの症状のいずれも心臓や脳の問題を示す可能性があります。また、高血圧、ホルモン障害、 または中毒を意味するかもしれません。
  • 無気力:通常犬はアクティブで、遊び心があります。一方、病気の犬は通常無気力、鈍い、さらに大好きなおもちゃにも興味がなくなり、 または散歩にも行きたくありません。愛犬が無気力になっている場合、病気のサインかもしれません。 犬が2、3日も無気力であることが続けば、獣医に相談してください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座