犬のためのビタミンC

犬は体内でビタミンCを生成することができますが、ストレスや病気の時ビタミンCの生産が不足している可能性が高くなります。 実は、体へのストレス(例:発熱、感染症など) と精神的なストレス(例:環境の変化によるストレスなど)は、犬のビタミンC欠乏の最も一般的な原因です。

さらに、ビタミンCを補充した犬は強い免疫力を持ち、病気やけがから回復する能力が高いのが見出されました。

したがって、犬に(特にストレスがたくさんある犬)ビタミンCのサプリを与えるのが有益です。

犬に対するビタミンCのメリット

ビタミンCは抗酸化剤です。ビタミンEと一緒に働き、ビタミンEの再生成を促進し、 その抗酸化作用を高めます。

ビタミンCは、白血球細胞の機能と活性を高めることで、免疫機能を向上させます。また、インターフェロン(体の自然な抗ウイルス、抗がん化合物) と抗体(例:細菌、ウイルス、毒素などの異物を破壊するタンパク質)の血中濃度を増加させます。

実際には、多くの獣医師が犬の膀胱と尿路感染症、呼吸器感染症(例:ケンネルコフ)などの感染症や癌を含む様々な病気のためにビタミンCを一つの治療法として利用しています。

いくつかの獣医は、犬の病気予防や免疫増強剤としてビタミンCを与えることを示唆している。たとえば、ビタミンCはワクチン接種の前後、老犬、妊娠中や授乳中の犬、 そして伝染病にさらされている犬に役に立ちます。

また、ビタミンCはコラーゲンの健康を維持しています。したがって、関節炎や変形性関節症、股関節形成不全、脊髄障害を持つ犬のためにも役立ちます。

どんなビタミンCがいい?

Rottweilers

ビタミンCを犬に与える場合は、ミネラルアスコルビン酸(アスコルビン酸カルシウムおよびアスコルビン酸ナトリウム)として知られるビタミンCの塩がお勧めです。

アスコルビン酸は簡単に犬の腸管から吸収されます。また、バッファード・ビタミンCであるので、下痢や胸焼けなどの副作用が少ないと考えられている。

アスコルビン酸カルシウムは中性pHであり、わずかに苦味があります。関節炎の症状を緩和するために最良の結果を与えることができます。

アスコルビン酸ナトリウムも中性pHで、わずかに塩味です。アスコルビン酸ナトリウムは、犬のビタミンCの最も効果的な形だと言われています。

用法·用量に関する注意事項

ビタミンCは水溶性であるため、過度の量は腎臓を通して排泄されます。しかし、一回にあまりにも多くのビタミンCを犬に与えると、下痢の原因となります。

ビタミンCのサプリは、個々の犬のライフスタイル、健康状態、およびビタミンCの犬の許容範囲のレベルに依存しています。

多くのホリスティック獣医は犬の健康維持のために、次の用量を示唆しています:
  • 子犬や小型犬:毎日250 mg
  • 中型犬:毎日500 mg
  • 大型犬:毎日750 mg
  • 老犬:体重18〜22 kgあたり毎日500〜1,000 mg
特定の健康問題のために、次の用量が勧められています:
  • 関節炎:下痢にならない限り、高用量(最大5,000 mg /日)与えてください。
  • 耳の感染症:小型犬1日2回125mg、中型犬1日2回250-500mg、大型犬1日2回500-1,000mg。
  • 歯/歯周病:小型犬1日2回125 mg、中型犬1日2回250mg、大型犬1日2回1,000 mg。
  • 上部呼吸器系の問題:小型犬1日2回125-500 mg、中型犬1日2回250-1,500 mg、大型犬1日2回500-1,500mg。
  • 皮膚アレルギー:小型犬1日2回125mg、中型犬1日2回250-1,500 mg、大型犬1日2回500-1,500mg。
  • 膀胱および尿路感染症:小型犬1日2回125mg、中型犬1日2回250mg、大型犬1日2回500mg。
  • 免疫増強剤として:小型犬1日2回500mg、中型犬と大型犬1日2回1500mgまで。
注:犬が軟便や下痢を発症したらウンチが再び硬くなるまで投与量を減らして調整してください。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座