犬のためのアレルギーの治療法

愛犬がアレルギーの症状を示している時治療をできるだけ早く得るために、適切な診断が不可欠です。

激しいかゆみなどのアレルギー症状が犬の生活の質を大幅に損なう可能性があるので、「様子見」の姿勢をしてはいけません。長い時間をかけて、犬は痒みのため絶えず皮膚を噛んだり、 舐めたり、掻いたりする結果、二次細菌感染症を発生する可能性が高くなります。

従来の犬のアレルギー治療法の選択肢

犬のための従来のアレルギーの治療は次のとおりです:

コルチコステロイド

プレドニゾンなどのコルチコステロイドは犬のアレルギー治療のための一般的な薬です。コルチコステロイドにはさまざまな形があります。 例えば、局所的に適用するコルチゾン・クリームや、経口投与、またはステロイド注射があります。

ステロイドは通常、非常に効果的で結果は非常に速く見えます。たとえば、かゆみをプレドニゾン服用後24時間以内に劇的に減らすことができます。

しかし、ステロイドは厄介な多くの副作用を引き起こす可能性があります。したがって、ステロイドは長期的なアレルギーの治療に使用すべきではありません。 犬アレルギーの治療にステロイドを使用するようになると、可能な限り、低力価のステロイドを短い期間で低用量として使用するべきです。

あなたの獣医が愛犬のアレルギーに長期ステロイド療法を使用すると示唆している場合、必ず正当な理由を聞いて、また別の治療の選択肢がないかを確認してください。

抗ヒスタミン薬

Injecting a Dog

ベネドリルのような抗ヒスタミン薬は犬のアレルギーの二番目に一般的な治療薬です。抗ヒスタミン薬はコルチコステロイドのように効果的ではありません。 しかし、多くの重篤な副作用を引き起こしません。(抗ヒスタミン薬の一つの主な副作用は、鎮静作用です。)

アレルギー・ショット(注射)

他の従来の薬の効果がでない場合は、 アレルギー・ショットが時々アレルギーの犬に与えられています。しかし、アレルギー・ショットはややコストがかかり、 また、犬に効果があるかどうかを確認するために12ヶ月かかります。その間犬の痒みを減らすために、別の方法を使用する必要かもしれません。

TOPへ戻る

相補的なアレルギー治療

従来のアレルギーの治療が完璧ではないので、補完および/または代替治療の選択肢も検討するべきです。非常に頻繁に代替療法と組み合わせて使用すると、 従来の治療法を補完することができます。

犬のアレルギーのための局所療法

愛犬がアトピーなどのアレルギーの場合、アレルゲンの多くが皮膚を通して犬に吸収されているため、頻繁にシャンプーすることが犬のアレルギー治療の最も重要な部分の一つです。 犬を頻繁にシャンプーすれば、アレルゲンの一部を除去し、犬のアレルギー反応を誘発するの防止ができます。

一般的には、アレルギーの犬を隔日や週2−3回シャンプーすれば適当です。より深刻なアレルギーの場合、毎日シャンプーが必要になります。アレルギー症状が減軽し始めたら、 シャンプーの数を減らすことができます(週に1回)。

頻繁な入浴は、犬の皮膚を乾燥させると思うかもしれません。でも、もし自然で低刺激性のシャンプーとリンスを使用すれば、これは起こりません。

犬に適した低刺激性のシャンプーを選ぶ際には、次の点に注意してください:

石鹸は皮膚を刺激し、乾燥させるので、シャンプーには石鹸成分が入っていないシャンプーを選んでください。

シャンプーはコロイド状オートミール、またはアロエベラなどの抗かゆみ成分を含んでいるものを選びましょう。

アップルサイダービネガーは、 アレルギーによって引き起こるかゆみを減らすことができるので、リンスとして使用することができます。

アレルギーの天然サプリメント

脂肪酸

多くの獣医は、犬のアレルギーの治療の一環として脂肪酸を使用することを勧めています。 アトピー犬の食事に大量のオメガ3脂肪酸を追加するによって、犬の皮膚炎症やかゆみを減少することが見出されました。

酸化防止剤

抗炎症特性のある酸化防止剤は、アレルギーを持つ犬のためのサプリメントとして有益です。 また、酸化防止剤は体内からフリーラジカルおよび他の毒素を除去します。皮膚は最大の毒素除去臓器であり、酸化防止剤を犬に与えると、犬の皮膚の健康状態に保つことができます。

一般的な抗酸化物質は:
  • ビタミンA、C、およびE
  • セレン、マンガン、亜鉛
  • コエンザイムQ-10
  • グレープフルーツ種子エキス

消化酵素とプロバイオティクス

消化酵素は食べ物の消化と栄養素の吸収を支援し、それによって犬の免疫系が強くなります。

プロバイオティクスは、犬の消化管に存在する善玉菌です。しかし、ステロイドや抗生物質などの薬物治療を受けている犬は、腸内の細菌叢のバランスが崩ずれ、下痢、 ガスのような消化病気、酵母の感染症などの問題を引き起こす可能性があります。

ケルセチン

ケルセチンはバイオフラボノイドであり、抗炎症作用や抗酸化作用を持っています。肥満細胞からのヒスタミン放出を抑制するので、それは自然の抗ヒスタミン薬です。

ブロメライン

ブロメラインはパイナップルの茎から抽出されたタンパク質分解酵素の混合物です。ブロメラインは、ケルセチンの吸収を助け、ヒスタミン放出を抑制します。

昆布

昆布は良いアレルギーの自然な食療品です。研究によると、6ヶ月間毎日昆布を犬に与えると、犬はより濃く、厚い、そして光沢がある毛が生えます。さらに、犬の皮膚状態も改善し、 乾燥することなく、痒みも減ってきます。

地元のハチミツ

愛犬が季節性アレルギーに苦しんでいる場合には、1日2回地元の蜂蜜大さじ一杯を与えてみてください。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG