犬の血尿

考えられる原因:

尿路感染症

Lab Pup

犬の血尿の最も一般的な原因の一つは、尿路感染症です。

雌犬の尿道がより短く、細菌が容易に尿道に入るので、より頻繁に尿路感染症にかかっています。症状は、犬がより頻繁に排尿すること、さらに失禁かもしれません。 また、排尿する時に、とても難しく痛く見え、発熱の可能性もあります。

膀胱や腎臓結石

膀胱や腎臓結石も犬の血尿の原因になります。尿鉱物沈澱物が尿道に集まり、時間をかけて石になります。 最も一般的に膀胱内に発見されるが、全体の尿路で見つけることもできます。

石砂利のような非常に小さい結石の場合には、尿中に排泄されることがあります。犬に激しい痛みを引き起こすことはできないのですが、血尿の場合があります。 大きな膀胱結石の場合は、犬はより頻繁に排尿する必要があり、排尿のとき、苦しんでいる様子が見られます。

酵母菌感染症(カンジダ)

カンジダは、膀胱の感染症を引き起こす可能性があり、したっがて、血尿の原因となっています。 カンジダの犬は、耳の感染症、消化器系の問題(例えば、鼓腸、下痢など)、および皮膚の炎症(例えば湿疹、ホットスポット) などの他の症状があります。

前立腺の問題

去勢されていないオスの犬は、もし前立腺の問題(例えば、細菌感染による前立腺の炎症など)があれば、血尿が出る可能性があります。炎症の場合、 血液が排尿の終わりに来るのではなく、排尿の最中に出て来ます。

外傷やけが

内部の損傷を持つ犬は外で無傷見えても、尿に血があるかもしれません。愛犬は最近、事故(例えば、車にはね)があった場合、内傷を負った可能性があります。

中毒

抗凝固剤殺鼠剤(ワルファリン)を摂取した犬は、血液が凝固することはできないので、血尿が出る場合が多いのです。さらに、犬は嘔吐、下痢、落ち着かないが中毒の兆候です。 中毒は緊急事態であるので、即時獣医に連れてください。

他の可能な原因:

  • 尿道の癌(例えば膀胱癌);
  • 雄犬の場合、前立腺癌;
  • 先天性尿路異常;
  • 原因不明の腎臓からの出血。
すべての犬の血尿の原因は、医師の手当てを必要とする深刻な症状です。

愛犬の尿中の血液が見える場合、犬が元気に見えても、獣医へ診察に行ってください。適切な診断と治療ができるため、尿検査、血液検査、X線を含む徹底した検査は必要です。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG