犬の血便

愛犬のウンチから血を見つけるのが心配するべきことです。

一般的言うと、犬の糞便中に見られた血液が鮮やかな赤色で、糞と混ぜている場合、結腸または直腸からの出血可能性が高いことを示しています。

一方、犬の糞が黒いタール状が見られる場合、出血源は胃や小腸上部であり、血液が部分的に消化されたことを示しています。

犬の血便の考えられる原因が様々です。以下はより一般的な原因です。

犬の血便の原因:鮮やかな赤色の血が見られる場合

肛門の外傷・けが

血便の一般的な原因の一つは、肛門や肛門周辺への外傷です。また、破裂した肛門嚢膿瘍に起因することもあります。 これらの場合では、糞中の血液は、犬の体内からのものではありません。 したがって、愛犬の糞便に鮮やかな赤色の血を見つけたら、まず、血がどこから来ているのか調べるために肛門の周辺をチェックしましょう。出血は肛門やその周辺の外傷の原因なら、出血を止めて、 すぐ獣医に行ってください。

腸内寄生虫

血便のもう一つの一般的な原因は、鞭虫回虫、 コクシジウムやジアルジアなどの腸内寄生虫の蔓延の結果です。

細菌およびウイルス感染

サルモネラ、大腸菌などの細菌感染症、及びパルボウイルス、コロナウイルスなどのウイルス感染はまた、 犬の血便を引き起こす可能性があります。

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患(例えば、大腸炎)は犬の血便を引き起こす可能性があります。 腹部膨満、下痢、嘔吐などの他の随伴症状が出るかどうかを確認してください。

食べ物

食べ過ぎ、腐った食物を食べた後、または食物不耐症や食物アレルギーも、時には犬で血便を引き起こす可能性があります。通常、犬は嘔吐、腹痛、下痢などの症状を示しています。

出血性胃腸炎

これは原因不明である犬の病気です。通常、犬は突然下痢を発症し、糞便で新鮮な血が見られます。嘔吐、拒食、弱さなどの随伴症状が出るかどうかを確認してください。

大腸ポリープまたはがん

時には、犬の血便がより深刻な病気(例:結腸または直腸のポリープ、大腸癌など)を示すかもしれません。

犬の血便の原因:黒いタール便が見られる場合

胃潰瘍

胃潰瘍は黒いタール便の引き起こす原因の一つです。 非ステロイド性抗炎症薬、コルチコステロイド、アスピリンなどの薬の長期服用が犬に胃潰瘍を引き起こす可能性があります。 また、急性胃拡張と捻転、熱中症、ストレス、皮膚のマスト細胞癌も胃潰瘍を発症する可能性があります。

代謝性疾患

腎臓や肝臓の障害、膵炎アジソン病などの代謝性疾患は、腸管内に出血を引き起こす可能性があります。その結果は黒いタール便です。

手術後

上部消化管で行われる手術後12〜72時間に犬がタール便を排出することがあります。

血液凝固障害

血液凝固障害の結果として、犬が内出血ですので、糞便中に血が見られます。身体からの出血の有無をチェックします。たとえば、一部の皮膚が紫色になったら、 その皮膚の下に出血していることを示唆しています。

どうすればいい?

Bull Dog

犬の血便の考えられる原因が少なくなりません。愛犬の糞中血が見られる場合、最も重要なことは、糞便サンプルを収集し、分析のために獣医に行くことです。 正しく分析することができるように、糞のサンプルは収集した12時間以内に分析する必要であるので、注意してください。

また、血便の上、愛犬は次のような症状を示している場合は、すぐに獣医に連れてください:
  • 青白い歯茎;
  • 脱力感や無気力;
  • 落ち着きのない;
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 脱水

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG