犬の第三眼瞼腺の脱出症 (チェリーアイ)

犬は涙を作る涙腺を含む「第三眼瞼」があります。これは、各目の隅にあります。通常、この腺は隠されて見えません。

チェリーアイは、この「第三眼瞼」の腺が通常の位置から出てきて、また、赤く腫る目の病気です。

第三眼瞼腺の脱出症

写真を見たら分かると思いますが、チェリーのように見えるので「チェリーアイ」 と呼ばれています。医学的に、チェリーアイは、「第三眼瞼腺の脱出症」として呼ばれています。

チェリーアイは痛みはありませんが、感染した目の隅が赤く腫れるので、犬は目を掻いたりするかもしれません。

第三眼瞼の機能は、涙を作ることです。突出した第三眼瞼は、正常に働かなくなります。不十分な涙の量の結果、目を潤滑することがうまくできず、感染症になりやすくなります。

犬のチェリーアイでは、年齢性別問わず、どんな犬にも発生する可能性があります。

下記の犬種はこの眼の病気にかかりやすいのです:
  • アメリカンコッカースパニエル
  • ブルドッグ
  • ビーグル
  • ラサアプソー
  • シャーペイ犬
  • シーズー
  • ボストンテリア
  • ブルテリア
  • ブラッドハウンド

犬のチェリーアイの原因

犬のチェリーアイの正確な原因は分かっていません。多分、目の周辺へ第三眼瞼腺を付ける役をする結合組織が弱くなるためかもしれません。そのため、腺が突出し、はずれてしまいます。 その結果、通常隠された腺は空気中の刺激性物質に刺激され、赤腫れになり感染します。

犬のチェリーアイの治療

従来の治療は手術で腺を元のところに戻すことです。第三眼瞼腺は涙水の約35%を作るため、腺の完全摘出はお勧めできません。完全摘出すると、 「ドライアイ」という状態になってしまいます。

犬のチェリーアイのためのハーブ

愛犬がもしチェリーアイのため手術によって治療されている場合、回復をスピードアップするいくつかのハーブを使用することができます。これらのハーブは目の健康をサポートします。
  • ビルベリー:このハーブは、目の結合組織をサポートするフラボノイドを含んでいます。網膜や角膜などの眼の構造をサポートします。
  • 菊:このハーブは、ドライアイ、視力の弱化、目の炎症を治療するために中国で広く使用されています。
  • 地黄:このハーブは、ビタミンA、B、C、およびアミノ酸が多く含まれ、抗炎症特性があります。目の炎症を治療するためにアジアで使用されています。
  • クコの果実:この中国のハーブは、β-カロチン、アミノ酸、ビタミンBとCが多く含まれ、目の健康をサポートするために中国で使用されています。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG