犬のうっ血性心不全

心臓病と心不全はまったく異なる病気です。 心臓病は、心臓のある部分に問題があります。心不全は、ある心臓病の結果として、心臓の働きが十分にできなくなるという病気です。

人の心臓発作とは異なり、ほとんどの犬のうっ血性心不全は突然すべての心機能の停止を起こしません。その代わり、犬の心不全は時間が経つと共に徐々に悪化し、時間がかかるプロセスです。犬は弱まった心臓が症状を示すことなく、長い時間(数ヶ月または数年)に機能し続けることができます。

心臓が十分にポンプできないとき、犬のうっ血性心不全が発生します。その結果、血液循環が弱まり、身体に十分な血液を運ぶことができません。結果として、肝臓、腎臓、 肺などの主要臓器の正常な機能が大幅に損なわれています。したがって、うっ血性心不全は、心臓だけでなく、他の主要臓器にも影響を与えます。

犬のうっ血性心不全の症状

犬のうっ血性心不全の症状は原因になる心臓の問題によって違います。しかし、心不全に苦しむ犬は、いくつのかの一般的な症状を発症します。

初期段階では症状が非特異的です。 例えば:
  • 容易に疲れる;
  • 運動不耐性;
  • 落ち着きがない;
  • 咳(通常は運動の後と夜就寝後の約2時間後に発生します)。
心不全が徐々に悪化するにつれて、次の症状が出てきます:
  • 食欲の喪失;
  • 体重減少;
  • 呼吸困難、喘鳴、および息切れの増加;
  • 腹部膨満。
後期段階では、次の症状が出てきます:
  • 犬は 肘を広げ、頭を伸ばして座る(肺に多くの空気が入られるために);
  • 呼吸苦しい;
  • 急速かつ不規則な脈;
  • 灰色や青みがかった歯茎;
  • 運動やストレスで失神する。

TOPへ戻る

犬のうっ血性心不全の原因

Puppy with a Red Heart

うっ血性心不全は、先天性また後天性心臓病が原因で発生します。

先天性心疾患は、心臓の先天性欠損の結果で、犬にはまれです。すべての犬の心臓病例のわずか5%が先天性です。

一般的な先天性心疾患は拡張型心筋症(心臓肥大)、心房中隔欠損症(心臓の穴)、 および僧帽弁形成異常(漏れ僧帽弁)が含まれています。

後天性心疾患は犬の心臓病の全症例の95%程度で、非常に普及しています。 後天性心疾患は、怪我、虫の侵入、細菌感染症、あるいは単に通常の摩耗の結果です。

甲状腺機能低下症やクッシング病などのホルモンの問題も犬の心臓病を引き起こす可能性があります。いくつもの 癌(例えば心臓の血管肉腫)も犬の心臓障害を引き起せます。

犬のうっ血性心不全の診断

診断は、次の一部またはすべてを使用して行われます:
  • 胸部X線:X線は心臓の大きさや形状などの物理的な特性を観察するために使用されます。
  • 心電図(ECG):心電図では不整脈があるかどうかを検出することができます。
  • 心エコー図検査:エコー図は心拍の強さ、または先天性心疾患の存在などの心臓の正常機能をチェックするために使用されています。
  • 血液検査と尿検査:これらのテストは、腎臓、肝臓および他の器官の適切な機能をチェックするために必要とされている。
  • フィラリア検査:フィラリアの蔓延は、心臓病を引き起こすことができるので、フィラリアの幼虫が あるかどうかを検出するも必要です。

犬のうっ血性心不全の従来の治療

うっ血性心不全の治療がうまくいけるかどうかは、要因(原因となる心疾患や、疾患の重症度や、犬の年齢と健康状態)によって異なります。

一般的に、犬のうっ血性心不全のために使用される従来の薬は次のとおりです:
  • ACE阻害薬:これらの薬物は、血液の圧力および量を減らすことに努めています。その結果、心臓への負担が少なくなり、心筋が早く劣化しません。 マレイン酸エナラプリルとベナゼプリルは一般に心筋症と心臓弁膜症の犬に使用されているACE阻害薬です。
  • ジギタリス薬物:ジギタリス配糖体は、速すぎる心拍数をコントロールするために使用されています。
  • 利尿薬:フロセミドなどの利尿薬は、肺や体の他の部分に流体の蓄積を制御するために使用されています。
投薬に加えて、うっ血性心不全の犬は通常減塩食に与えられます。また、特定のサプリメントは、心臓の問題を持つ犬のために有益です。例えば、ビタミンBやタウリンと カルニチンとコエンザイムQ-10のサプリメントは心臓病にかかった犬を助けることができます。

犬の心臓のための自然療法

ハーブなどの自然療法は犬の心臓強化とサッポトがとても役に立ちます。詳しいは犬の心臓肥大のページ を見てください!

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG