犬の心臓肥大(拡張型心筋症)

医学的に「拡張型心筋症」として知られている犬の心臓肥大は、心腔の拡大を特徴とする疾患です。 心筋は収縮または効率的にポンプすることができません。 この状態が悪化するにつれて、 心臓の壁が薄くなり、心腔がより拡大し、うっ血性心不全を発症することがあります。

犬の拡張型心筋症は、大型犬とジャイアント型犬のうっ血性心不全の最も一般的な原因です。この病気にかかりやすい犬は、ボクサー、ドーベルマンピンシャー、 ジャーマンシェパード、グレートデーン、アメリカンとイングリッシュコッカースパニエル、スプリンガースパニエル、セントバーナード、シュナウザー、 オールドイングリッシュシープドッグが含まれています。

小型、トイ犬にはほとんど影響しません。

ほとんどの犬の発症年齢は2歳から5歳くらいです。オスは雌より、この病気にかかりやすいです。

犬の心臓肥大の原因

Puppy

拡張型心筋症のほとんどの症例の正確な原因は知られていません。他の症例で考えられる原因は次のとおりです:
  • 甲状腺機能低下症:すべでではないが、いくつかの犬の甲状腺機能低下症のケースは拡張型心筋症に関連付けられています。
  • 心筋炎:心筋炎(心臓の筋肉の炎症)は、時には拡張型心筋症の発症前に発生します。
  • タウリンまたはカルニチンの欠乏:タウリンまたはカルニチンの欠乏は犬心臓肥大につながる可能性があり、この状態はアメリカンコッカースパニエル、 ボクサー、ゴールデンレトリバー、コーギーなどの犬種で見られます。
  • 遺伝:前述したように、大型とジャイアント種の犬がこの病気にかかりやすいので、遺伝性素因があるではないかと考えられます。

犬の心臓肥大の症状

犬の心臓肥大の症状には、犬のうっ血性心不全と不整脈と同様です:
  • 容易に疲れる;
  • 無気力;
  • 運動不耐性;
  • 落ち着きがない;
  • 頻咳、時には血痰を吐き出す(咳は、通常、運動後または夜間時に発生します);
  • 食欲の喪失;
  • 体重減少;
  • 呼吸困難、喘鳴、息切れの増加;
  • 腹部膨満;
  • 迅速かつ不規則な脈;
  • 灰色や青みがかった歯茎;
  • 弱さ;
  • 運動やストレスにより失神する。

犬の心臓肥大の診断と治療

診断は、次の一部またはすべてを使用して行われます:
  • 胸部X線 - 肥大心腔を示す;
  • 心電図変化 - 不整脈を示す;
  • 心エコー - 不全心筋の特徴的なパターンを示す。
拡張型心筋症の治療は心機能を改善し、うっ血性心不全の症状の治療することです。

従来の治療は様々な薬を使用します。 例えば、ACE阻害薬は心筋の力を向上させるためにしばしば処方されています。ジギタリス、リドカイン、ジルチアゼム、アトロピン、 プロプラノロールなどの薬物は、犬の不整脈をコントロールするために使用されています。また、利尿薬(例:フロセミド)はカリウムサプリメントと一緒に処方され、 腹部や肺内の流体の蓄積を防止します。

これらの薬は副作用がたくさんあるため慎重にモニタリングする必要があります。副作用は電解質の不均衡、食欲低下、下痢、嘔吐、抑うつ、低血圧、腎臓病等を含みます。

投薬に加えて、拡張型心筋症の犬は通常、減塩食に与えられます。また特定のサプリメントは、心臓に問題を持つ犬のために有益です。例えば、ビタミンBやタウリンとカルニチンと コエンザイムQ-10のサプリメントが心臓病にかかった犬を助けます。

TOPへ戻る

犬の心臓のためのハーブ

ハーブは、三つのアプローチから、犬の心臓に対処するために使用できます:
  • 犬の心臓を強化するために心臓をサポートするハーブを使用します。
  • 肺または他の臓器の余分な水分を除去するために、腎臓を刺激する利尿ハーブを使用します。
  • 他の血液循環を刺激するハーブを使用します。
ここで心臓の問題の犬に使用できるいくつかのハーブを紹介します:

サンザシ

サンザシは心臓のためのハーブです。このハーブは弱った、または不安定な心拍を強化することにより心臓の活動を正規化します。また、血液、心臓や脳の血管を拡張します。さらに、 抗酸化性があります。サンザシは安全なハーブであり、弱化した心臓を持つ犬のための強壮剤として使用することができます。

イチョウ

イチョウは、血液循環を改善し、血管の弾力性を維持するのに効果があります。

タンポポ

犬の心臓が十分にポンピングできない場合、流体は肺や体の他の部分で蓄積してしまいます。タンポポのような利尿ハーブは、流体の蓄積を減らし、心臓への負荷を軽減することができます。

パセリ

パセリは、軽度の利尿性があり、また、肝臓をサポートするために効果的です。

カイエン

カイエンは、血液循環を刺激するので、心臓病を持つ犬のために非常に有用です。

シベリア人参

人参は、心臓病を持つ犬の強壮剤として使用することができます。心拍数を調節し、老犬と心臓病に苦しむ犬にさらなるエネルギーと活力を提供します。

ニンニク

ニンニクの中の化合物は、血栓形成の予防に効果的です。 また、動脈中のコレステロールレベルと脂肪の蓄積を減らすことができます。したがって、心臓病を持つ犬のためのに優れた心血管系の強壮剤です。

犬の心臓の問題のためのサプリメント

ハーブに加えて、いくつのサプリメントは、心臓病を持つ犬に与えることができます。

コエンザイムQ10

この酵素は心臓の筋肉の酸素化を改善し、心臓の筋肉を強くする抗酸化物質として機能します。

L-タウリン、L-カルニチン

L-カルニチンは、脂肪の代謝に重要な役割を果たす天然アミノ酸です。簡単に言えば、細胞が心臓に脂肪酸(燃料)を運ぶために不可欠です。

L-タウリンは、他のすべてのアミノ酸のビルディングブロックです。 L-タウリンは、心筋のカリウムの正常なレベルを維持するのよって、心臓病のリスクを軽減することができます。

心臓病を患っている愛犬に、これらのアミノ酸を与えると、症状を改善することができます。

ビタミン、B6、C、およびE

これらのビタミンは酸化防止剤であり、フリーラジカルによる心臓への影響を防止することができます。

必須脂肪酸

魚油、月見草、またはルリヂサ油(ボーレッジオイル)などの脂肪酸が、筋細胞を保護できることによって、 心臓病にかかっている犬に有益です。

マグネシウム、セレン

この二つのミネラルは、心機能の改善に不可欠です。

心臓強化に有効なサプリメント

ハートエイド

このサプリメントはタウリン、アミノ酸、DHA、オメガ3脂肪酸など心臓強化物質から作られたので、心臓問題を罹っている愛犬に与えて見て下さい。きっと効果が出ますよ。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG