犬の食物アレルギー

犬の食物アレルギーはアトピー性皮膚炎やノミアレルギーよりは一般的ではありません。食物アレルギー性の症状が見られるときは、アトピー 性皮膚炎やノミアレルギーの症状と比較して から判断してください。

毎日同じブランドのドッグフードや食品を何年にも渡り与えられている犬ほど食物アレルギーになる傾向が強く見られます。

どの年齢の犬でも発生しますが、食物アレルギーは2歳以上の犬で最も一般的です。

食物不耐性と食物アレルギー

食物不耐性と食物アレルギーはまったく違うものです。

食物不耐性は、かゆみや皮膚の問題のようなアレルギー反応を引き起こすことはありません。下痢や嘔吐を引き起こします - それは我々がスパイシーや脂っこい食べ物を食べたときの 反応と同じようなものです。

一方、犬の食物アレルギーは、ホットスポット、犬アレルギーで見られる他の一般的な皮膚の問題のような特徴的な症状で、真のアレルギーです。

食物アレルギーの症状

アレルギーの初期症状はかゆみです。また、次の症状も出てきます: 以上いくつの症状は他の種類のアレルギー(例えば、ノミアレルギー、アトピー)のと似ていますが、食物アレルギーの識別できるいくつかの兆候があります。

食物アレルギーを持つ犬は再発外耳炎、特に真菌の感染症にかかる傾向があります。

また、かゆみに副腎皮質ステロイド(コルチコステロイド)等の薬は効きませんし、一年中症状が見られます。

一般的な食物アレルゲン

一般的なドッグフードの中の材料が他よりも犬の食物アレルギーを引き起こす可能性が高いことが見出されました。これらの一般的な食物アレルゲンは、次のとおりです:
  • 牛肉;
  • 小麦;
  • 牛乳やチーズなどの乳製品;
  • 卵;
  • 鶏肉;
  • トウモロコシ;
  • 大豆;
  • 酵母;
  • さまざまなスパイスや添加剤。

TOPへ戻る

食物アレルギーの見分け

Golden Retriever Pup

食物アレルギーを見分けるためにできることがあります。

まず始めに12週間に渡って蛋白質:炭水化物を1対4(例: 1ラム:4ライス)のいつもとは違う、与えたことのないメニューを与えてください。

その12週間の間はずっと新しいメニューを与え続けてください。症状が改善してきたら元の食事に戻してください(アレルギーを引き起こしている可能性のある方のメニューです)。

アレルギー症状が再発した場合:
  1. もともとのメニューに含まれている何等かの成分によりアレルギー症状が起きてしまう為、
  2. 新しいメニューが体に合っているのでそのまま続けていただくか、同じ食材の低アレルギー性のドッグフードに変える。
12週間の間、症状が改善しない場合、また違う与えたことのないメニューを考えてください。

犬の食物アレルギーの治療

アレルギーを引き起こしている成分が分かってしまえば、今後の治療は簡単です。その成分が入っていない食事を与えるだけですね。

ホームメイドのメニューを作ってもいいですし、高品質でナチュラルな、低アレルギー性のフードを探すのもいいでしょう。

さらに、プロバイオティクスのサプリメントを食べ物に追加するのがお勧めです。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG