ジアルジア症

ランブル鞭毛虫症(ジアルジア症)は、ジアルジア属の原虫によって引き起こる感染症寄生虫疾患です。

ジアルジア症は、犬の消化器系に影響を与えます。

この病気は汚染した糞便との接触で伝染します。 (ジアルジアの嚢胞が感染した犬の糞便内に存在します。)暖かい水源の環境があれば、 ジアルジアの嚢胞は数ヶ月生き残ることが可能です。

感染した動物の糞便が小川、川、または他の水源の水を汚染します。もし犬がこの汚染された水を飲むと、ジアルジア症に感染します。

ジアルジアの嚢胞は犬の小腸に入ったら、開き、ジアルジア寄生虫が活発になり、犬の腸壁に自分自身をくっ付けます。ジアルジア寄生虫は、細胞分裂のプロセスによって繁殖します。 その後、寄生虫はもう一回自体を被嚢します。そして、嚢胞は犬の糞便として排出されます。

犬の免疫力が健康であれば、感染の発症症状は深刻ではありません。子犬の感染率はより高いのです。感染症の影響を最も受けやすい犬は犬のシェルターに滞在している犬です。

人々も同様にジアルジアに感染することがあります。動物は人間よりジアルジア症に対する抵抗性が高い傾向があります。

犬のジアルジア症の症状

Lab Pup

上述したように、成犬のほとんどの場合症状が軽度で、いくつかの犬は目に見える臨床症状を全く示さないのです。

より深刻なケースでは、感染した犬が汚染した水を摂取してから7−10日以内にいくつかの症状を示します。

ジアルジア症の最も顕著な症状は下痢です。特に感染した犬は、悪臭で水っぽく、 または油っぽい糞便を大量に排出します。下痢は、急性または慢性、断続的または持続的に発生することがあります。

ほかの可能な症状以下のとおりです:

犬のジアルジア症の治療

犬のジアルジアの従来の治療は、メトロニダゾール、フェンベンダゾール、アルベンダゾールのような抗生物質および/または駆虫剤の使用です。

抗生物質であるメトロニダゾール(フラジール)は、最も一般的に使用されていますが、胎児の奇形を引き起こす可能性がありますので、妊娠中の犬にこの薬を与えられません。 他の副作用は吐き気、下痢、かゆみ、散瞳と嘔吐が含まれています。また、肝臓の損傷を引き起こす可能性があります。

駆虫剤であるフェンベンダゾールは、 メトロニダゾールよりも安全ですが、吐き気や嘔吐を引き起こす可能性があります。

メトロニダゾールとフェンベンダゾールは犬のジアルジア症の治療に約70%有効です。上記の薬に効果がない場合は、アルベンダゾールが時々使用されます。 しかし、この薬物は発熱、悪心、嘔吐、一時的な脱毛などの副作用を引き起こす可能性があります。もっと深刻なのは骨髄中毒を引き起こす可能性があることです。

犬のジアルジア症の自然療法

軽度のランブル鞭毛虫症の場合、可能な副作用を避けるために、次のような自然療法を、従来の薬の代わりに使用することができます。

グレープフルーツ種子エキス(GSE)

GSEは犬でジアルジアの治療に有効であるが、最大14日間まで一貫した使用が必要になります。 (用量:毎日3〜5回、体重5キロあたりに、GSEの10〜15滴)。 水にGSEを希釈し無針注射器を使用して犬に与えてください。

消化酵素

多くのホリスティック獣医は、ジアルジアを治療するために消化酵素を使用することを勧めます。 有効にするため、酵素は空腹時に与えられることが重要です。(用法用量:小匙1/4〜1/2杯、または1つのカプセルの酵素と少しの水を混ぜ、無針注射器を使用して犬に与えて下さい。)

提案する投与スケジュールは、次のとおりです:
  • 最初の8日間は、毎日3回与えます - 朝と夕方食事前の1時間前と就寝前。
  • 8日後、一週間与えるのをやめます。
  • 再び7日間酵素を与えます。
空腹の時与える理由は、消化器系内に食べものがないので、酵素が腸内寄生虫(例えば、ジアルジアなど)を中心として消化するということです。

プロバイオティクス

犬の腸管内細菌叢のバランスを復元するために、プロバイオティクスが必要です。

L-グルタミン

胃と腸の粘膜を保護し、また、胃潰瘍の形成を防ぐためです。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG