犬の脱毛症

脱毛症とは、犬の過度の脱毛の状態です。 脱毛症の原因がさまざまですので、かなり複雑な症状です。

犬の脱毛は、部分的(犬の体に1つまたは2つの場所だけ)か、または体全身的に発生する可能性があります。

犬の脱毛の原因

皮膚の問題

犬の脱毛の多くのケースでは、様々な皮膚の問題によって引き起こされています。例えば、 上記のすべての皮膚の問題は犬に痒みを引き起こします。 そのため、犬は絶えずに皮膚を掻いたり、噛んだり、舐めたりした結果、脱毛に至ります。

これらの皮膚の問題、一般的には身体の一部分だけが影響されているので、脱毛も局部的だけとなっています。

いくつかの犬種特有の皮膚の問題も脱毛を引き起こせます。例えば:
  • 鼻の日光皮膚炎:この脱毛問題は薄い色素の鼻を持つ犬に影響を与えます。犬の鼻口部で脱毛します。
  • カラーミュータント脱毛症:「ブルードーベルマン症候群」として知られていますが、これは黄褐色と青ドーベルマンピンシャーで発生する 遺伝性皮膚疾患です。また、いくつかの他の犬種(例えば、ブルーグレートデーン、チャウチャウ、ホイペットなど)でも発生します。犬は全身で脱毛し、 脱毛した部分に膿疱が発生します。
  • 亜鉛反応性皮膚症:この問題は、亜鉛の不足によって、犬の顔、鼻、肘と膝上の脱毛が発生します。この問題の影響を受けやすい犬種は、ハスキーや、 アラスカンマラミュートのような北極や北方の犬種です。
  • 皮脂腺炎:この遺伝性皮膚問題はかなり頻繁にスタンダードプードルに影響を与えます。でも、他の犬種(例えば、サモエド、秋田)にも発生できます。 犬は頭の頂部、鼻、耳、頸部、体幹および尾の上部に左右対称の脱毛を発生します。

栄養失調

新しい毛を生成するために、多くの栄養分とタンパク質が必要です。栄養素の不足が脆く、弱い毛だけでなく、乏しい毛の成長になる可能性があります。 栄養不良は、低品質の食品、栄養素の吸収不良、または内部寄生虫によって引き起こされる場合があります。 栄養失調によって引き起こされる脱毛症は、 犬の全身に影響を与えることが一般的です。

ホルモンの問題

ホルモンの問題も犬の脱毛の原因になります。例えば: ホルモンの不均衡によって引き起こされる脱毛症は、犬の全身に影響を与えることが一般的です。このタイプの脱毛症は、通常、中年犬と老犬で発生します。

情緒の問題

多くのペットは、ストレスや不安などを感じている時、過度に自分をなめたり、掻いたりします。 結果は、毛が抜けることです。

犬の脱毛のための自然療法

Yorkie

一般的に、脱毛症は、犬がある健康問題にかかっている一つの症状です。したがって、適切な治療ができるように、獣医の正しい診断が不可欠です。

一方、自然療法やサプリメントは、犬の毛や皮膚状態を改善するために役に立ちます。

オメガ3脂肪酸やビタミン(特にC、およびE)のようなサプリメントは、皮膚や毛に有益です。 犬の食事にこれらのサプリメントを追加すると、脱毛につながる可能性のある皮膚の問題を防ぐことに役に立ちます。

血液を解毒しましょう

ハーブは、血液を浄化し、体を解毒するために効果的です。通常、脱毛や皮膚の炎症などの皮膚の問題は、血液中の毒素がたくさん溜まる結果です。定期的にハーブを使用して、 体を解毒すると、皮膚の問題は徐々に消えていきます。

バードックプラスはゴボウ、タンポポ、マリアアザミなど のハーブをブレンドしたものです。皮膚や毛の問題がある犬によく効きますので、お試しください。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG