犬の血管肉腫

Lab Pup

肉腫は、骨や筋肉などの組織の中で発生した癌細胞から生じる癌です。血管肉腫は血管を囲む柔らかい支持組織から生じる癌の一種です。

犬の血管肉腫は主に犬の脾臓、心臓、肝臓、皮下組織、及び皮膚に影響を与えます。

すべての犬の癌の約5-7%は血管肉腫です。癌細胞は急速に広がりながら、独自の血管網を生成し、影響を受けた臓器の正常な機能を混乱させます。

血管肉腫は主に中年、または高齢の大型犬に影響を与えます。

影響を受けた犬の平均年齢は8-10才です。何らかの理由で、雄犬は雌犬よりもこの癌になりやすくなります。ジャーマン·シェパードがもっとも血管肉腫を発症しやすい犬種です。 他の発症しやすい犬種は、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ボクサー、シュナウザー、ポインタとドーベルマンピンシャーが含まれています。

また、避妊·去勢手術は血管肉腫のリスクを高める可能性があるという証拠が最近発見されました。ですので、愛犬が発症しやすい犬種であれば、避妊·去勢手術をするかどうか、リスクがどのくらいあるかを獣医師と相談して下さい。

犬の血管肉腫の種類と症状

犬の血管肉腫には3つの種類があります。

真皮(皮膚)

皮膚の血管肉腫は暗く、皮膚の病変のように見えます。 通常、毛がない部分(たとえば、腹部)に発生します。

皮下

皮下血管肉腫は、犬の体の全体どこにでも発生する可能性があります。腫瘍が柔らかいもの、あるいは潰瘍を伴う硬い腫瘤もあります。

内臓(脾臓や心臓)

内臓血管肉腫は、最も一般的に犬の脾臓および心臓の右心房に発生します。内臓血管肉腫の特徴は、局所浸潤および他の場所に広がる傾向があるということです。症状は非特異的です:
  • 無気力;
  • 跛行;
  • 食欲の喪失;
  • 体重減少;
  • 出血、特に鼻血;
  • 淡い歯肉(貧血のために);
  • 腹部膨満(血管肉腫は脾臓に発生した場合、腫瘍は時々非常に大きくなるからです。)
より具体的な兆候が、影響を受けた臓器の破裂に起因するショックによって、犬が虚脱またはけいれんすることです。

犬の血管肉腫の原因と診断

正確な原因は不明です。しかし、ある特定の犬種がより容易にこの癌に冒されているので、遺伝的要因に起因するではないかと考えられます。

早期診断は、X線や胸部および腹部超音波検査から検出します。

血管肉腫が疑われる場合は、さらに血液検査が行われます。内部出血の有無を確認するために腹水を抽出します。

犬の血管肉腫の治療

治療は腫瘍の種類と場所によって異なります。

皮膚の表面にある小さな皮膚血管肉腫は、外科的に切除することができます。

脾臓、心臓の心房、または皮膚の下に発生する原発腫瘍が手術切除の治療によって、劇的な結果が出る可能性もあります。しかし、手術前、胸部および腹部の臓器の病変があるかどうかを確認するために超音波検査が必要です。

また、犬のQOL(生活の質)を9-18ヶ月延長するために、術後化学療法が必要になるかもしれません。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG