犬の口腔腫瘍

口腔は、腫瘍の発生しやすい場所です。幸いなことに、すべての口腔腫瘍が悪性ではありません。

犬の良性口腔腫瘍は様々な種類があります。ですので、犬の口の中で異常な腫瘍や病変を発見した場合、それは良性か悪性かを診断できるように、即時検査のために獣医に行くことが 重要です。

二種類の犬の口腔腫瘍

良性口腔腫瘍

犬の最も一般的な良性腫瘍は、歯根膜の腫瘍であるエプーリスです。 さらに、線維腫などの他の良性腫瘍は、口の中で発生する可能性があります。

良性口腔腫瘍の一般的な特性は、これらの腫瘍は通常、鮮明な境界を持っていて、骨や他の組織に転移しません。良性腫瘍は一度外科的に切除したら、再生しません。

悪性口腔腫瘍

A Dog's Mouth

犬では、3つの一般的な悪性口腔腫瘍があります。それは、悪性黒色腫、扁平上皮癌、および線維肉腫です。

悪性黒色腫(メラノーマ)は、おそらく犬で最も一般的な口腔腫瘍です。黒色腫は局所浸潤性であり、また、 早期に転移性も強い。多くの場合は、診断されたとき、癌もすでに首に沿ってリンパ節および肺に広がってしまいました。黒色腫は、最も一般的に高齢の犬で見られている。

黒色腫は、通常、犬の下部の歯茎に、黒い塊として発生します。しばしば顎の骨まで影響します。 

犬で第二の最も一般的な口腔腫瘍は扁平上皮癌です。扁平上皮癌は局所浸潤性であるが、がんは後期になるときだけ転移します。時には全く広がっていません。一般的に、 歯茎の下層の骨まで侵入します。

もうひとつ一般的な犬の口腔腫瘍は線維肉腫です。この腫瘍は、局所浸潤性が強いが、拡散する傾向がありません。線維肉腫は赤く、通常、繊維状または潰瘍化しています。  高齢オス大型犬は、より一般的に見られています。

犬の口腔癌の症状

口腔腫瘍は痛みを引き起こします。通常犬は痛みが感じるとき、たくさんのよだれを垂らします。 また、痛みのため、食べるのが難しくなるので、食欲の損失を示す可能性があります。 愛犬は、上記の症状を示している場合は、次の口腔癌の臨床的症状を確認するため、犬の口をチェックしてください:
  • 口臭
  • 口からの出血;
  • 顔の腫れ;
  • 口の片側だけで食べ物を噛む。
口の中で見つかった腫瘍は生検する必要があります。

犬の口腔癌の原因

原因はまったく明確ではありません。いくつかの獣医は、犬が周りを嗅ぎでいるとき発がん性物質を吸い込んでしまうではないかと思っています。 それらの発がん性物質は、 犬の口腔内に付着して、正常細胞に影響を与えます。 最終的には細胞が異変し、悪性腫瘍が発生します。

さらに、化学防腐剤などを含む低品質のドッグフードが犬の口腔癌を引き起こせると考えられます。

犬の口腔癌の治療

腫瘍の場所によって、いくつかの治療ができます。 例えば、手術、放射線、化学療法、時には凍結手術。

悪性黒色腫の手術の問題点は、切除する必要がある細胞組織の大きさです。黒色腫は、転移性が強いので、腫瘍だけでなく、腫瘍の回りの正常組織の少なくとも2センチを切除するのが 必要です。腫瘍は硬口蓋や軟口蓋に発生した場合、手術は複雑で、効果的ではありません。

現在、犬の「悪性黒色腫ワクチンDNA」と呼ばれる新しいワクチンは悪性黒色腫を治療するために利用可能になります。このワクチンは、特定なタンパク質として、 犬の体内に注入され、メラノーマ腫瘍の蛋白質の存在を犬の免疫系に警告するという働きをします。

クリーンなマージン(腫瘍が完全に取り除かれた)が手術によって達成できなかった場合、放射線は局所制御ために使用することができます。

癌は口から体のほかのところに広がっていた場合は、化学療法のフォローアップ治療として使用することができます。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG