犬の過度の息切れ

一般的な原因:

熱射病

熱射病はおそらく犬で息切れの最も一般的な原因の一つです。熱射病は、犬の健康に損傷を与える可能性があります。 素早く体温を下げないと、死亡する場合も珍しくないので、ご注意ください。

犬は暑い夏の日に止まった車に残される、暑さの中で激しい運動をする、長時間遊ぶ場合、簡単に熱射病に至るのです。 例えば、体温は40°C以上急速に上昇すると、 犬は大きく喘きはじめます。すぐに犬をクールダウンしないと体温が41-42°Cまで上昇し、熱射病が発生し、犬の脳の損傷や、時には死亡します。

熱射病のほかの兆候は、次のとおりです:
  • よだれ;
  • 深い赤色の歯肉と舌;
  • 吐き気および/または嘔吐;
  • めまい;
  • 弱くて無気力;
  • けいれん。

肥満

犬の息切れのもう一つの原因は肥満です。犬が太りすぎると、重量によって肺が押しつぶされる感じるかもしれません。そのため呼吸が困難になりその結果過度の息切れをする。

ストレスや不安

不安やストレスがあるとき犬は息切れをする傾向があります。例えば、新しい子犬を家族に迎え入れてからの最初の数日間、子犬は絶えず喘ぐかもしれません。 犬は新しい環境にストレスを感じるからです。環境に慣れ始めると、喘ぐのも止めるでしょう。

愛犬の環境に変化がある場合、(例えば、お引越し)最初の数日間は通常より重く息切れするかもしれません。愛犬を落ち着かせ、一緒により充実した時間を過ごすようにしてください。

また、ある犬は怖がっているときに息切れ始めるかもしれません。たとえば、愛犬が騒音恐怖症である場合、雷雨や花火のとき、息切れするかもしれません。

痛み

犬は痛みを感じたときも息切れします。痛みの他の症候は、落ち着かなく、体の痛み感じる部位を噛んだり、舐めたりする、横になりたくないなど。

認知機能障害

息切れは犬認知機能障害(CCD - Canine Cognitive Dysfunction)に関連付けられています。 CCDは老犬に起こる「アルツハイマー病」です。 もし老犬が突然息切れしている場合、 CCDを伴う他の症状があるかどうかを確認してください。 例えば、 犬が常にドアや家具にぶつかったり、歩き回ったり、夜によく起きたりします。また、 家族のメンバーやお友達も認識できなくなります。

薬の副作用

いくつかの薬の副作用は喘ぎです。 例えば、コルチコステロイド、鎮痛剤(例えば、トラマドール、フェンタニル)と、過剰なサイロキシン補充療法(甲状腺機能低下症に対する甲状腺薬)など。

犬の息切れの他の原因

他の一般的な原因は次のとおりです:

Brown Dog

どうすればいい?

愛犬がもし突然息切れする場合、まず熱中症、または中毒や怪我の原因ではないか確認してください。

以下の質問を答え、原因をお探しください:
  • 愛犬が食事を終えた時 - 犬の喉に引っかかるものがありそうですか? もし、犬の気管の一部が遮られたら、呼吸が難しくなり、息切れしたり、 吐き気や嘔吐しようとしている症候もあります。
  • 愛犬が外から戻ってきた時 – 犬が何か有毒なものを食べた可能性がありますか? (他の中毒の兆候がありますか。たとえば、よだれ、嘔吐、痙攣)。
  • 外は暑いですか? - 熱中症だろうか?愛犬が熱いと感じた場合すぐに体温を測ってください。
  • 愛犬の歯肉が薄い、または色が青みがかっていますか? - そうだとすれば、犬が怪我のため、内部で出血している可能性があります。
一方、もし愛犬が休んでいても激しく喘いでいると、細菌やウイルス感染によって引き起こる熱の可能性があるので、すぐ体温をチェックしてください。犬が39°C以上の熱があれば、 獣医に行ってください。

愛犬の息切れの原因が不安、恐怖、興奮、あるいはストレスであれば、できる限り刺激の源から愛犬を遠くに離してみてください。

老犬の場合、重く喘ぐ原因はうっ血性心不全、または認知機能障害かもしれません。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG