犬の前立腺癌

年を取ると、特に去勢していないオス犬は様々な種類の前立腺の問題(例えば、前立腺肥大、前立腺の感染症)が発生する可能性が高くなります。

去勢手術は、前立腺肥大や感染症などの問題の発生リスクを減少させることができますが、前立腺癌の発生を防ぐことができません。 犬の前立腺癌は去勢と非去勢雄犬で同様の頻度で発生します。

犬の前立腺癌の様々な種類があります。最も一般的なタイプは前立腺腺癌です。このタイプの癌は浸潤性が非常に高く、容易かつ迅速に肺、リンパ節、骨に転移できます。多くのケースでは、がんが診断された時点で、がん細胞はもう体の他の部分に転移してしまいますので、平均余命は診断から約一ヶ月です。

犬の前立腺癌の原因は不明です。

犬の前立腺がんの症状

前立腺がんの症状は、前立腺肥大などの他の前立腺の問題の症状がほぼ同じです。例えば:
  • 排尿障害:排尿時のいきみ; 頻尿 (時には、尿中に血液が見られます)。
  • 腸の問題:前立腺癌の犬は便秘に苦しむことも珍しくありません。
  • 歩行異常:前立腺癌にかかっている犬は不自然に歩いています。後足は硬く、細かくゆっくりと歩きます。
  • 他の全身の問題:他の問題は発熱、脱力感、と無気力が含まれます。

犬の前立腺癌の診断

Yorkie

人間とは異なり、犬は前立腺癌マーカーPSAを生成しませんので、診断するためにこのマーカーのテストすることができません。

前立腺癌は犬に疑われる場合には、尿検査、X線、腹部超音波検査などの初期テストを実施します。 これらのテストは非常に癌を示唆している場合は、直腸壁の生検が行われます。

犬の前立腺癌の治療

残念ながら、治療の選択肢は限られています。通常、去勢手術は前立腺がんを持っている犬にはよい影響を与えません。手術で前立腺を切除するのも推奨されていません - 非常に多くの手術は多数の合併症を引き起こす可能性があるからです。

可能な唯一のオプションは、腫瘍を縮小しようとする化学療法薬(時には放射線)を使用することです。

しかし、化学療法と放射線は非常に効果的ではなく、犬に快適にすることがほとんどできません。また、大幅に犬の寿命を延ばすこともできないのです。

犬の前立腺癌はまれですが、発生するとき、非常に予後不良で致命的な疾患です。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG