犬の歯・歯周の問題に引き起こせる全身病気

犬の歯の問題は口の痛みや炎症を引き起こすだけではなく、犬の体全体に多くの悪影響を及ぼす可能性があります。

特に犬の歯肉や歯の問題は心臓病と関連していることがパデュー大学で行われた研究で確立されました。

歯の問題による病気

血液に介する感染症

歯周病の犬は、細菌感染症を発症する傾向があります。例えば、歯の膿瘍からの細菌が容易に血管に入って、血流に介して、体の他の部分や器官に入り込みます。  細菌数が高く、または犬の免疫力が低いと、細菌感染が容易に重要な臓器に影響を与えます。例えば:
  • 心臓:血流中の細菌は、心臓にまで入り込むことができます。その結果、「細菌性心内膜炎」と言われる、致命的な細菌感染症を引き起こす可能性があります。

    さらに、犬の口の中に見つかるいくつかの細菌はネバネバの粘着性があり、動脈壁に付着する傾向があります。定期的なデンタルケアをしていない場合、 これらの細菌は動脈壁に沿って蓄積することができます。結果として、血液がスムーズに流れず、心臓病が発生する可能性があります。
  • 腎臓:腎臓は、血液から老廃物や毒素を尿として除外するフィルターとして機能します。されに、腎臓は血液中循環している細菌を捕ります。 血液中の細菌数が多い場合は、腎臓に細菌感染が容易に発生し、腎臓の損傷を引き起こす可能性が高くなります。実は適切な歯科治療が行われた後、 腎臓の問題を持つ犬が回復することも珍しくありません。
  • 肝臓と膵臓:犬の口腔の細菌は肝臓と膵臓にも影響を与え、膵炎や肝炎を引き起します。
  • 他の臓器: 他のすべての血液が届ける組織や臓器 (例えば、肺、脳、筋肉、等)も口からの細菌から影響を受けることができます。

吸入感染

犬の歯の問題はまた吸入感染症を引き起こす可能性があります。歯周病を持つ犬は吸い込むことで、細菌が気道に入ります。 健康な犬や細菌の数が少ない場合には、 犬の免疫力がそれらの細菌を撃退することができます。しかし、免疫力が弱まった犬や、すでに気管支炎などの呼吸器疾患にかかっている犬、または細菌の数が多い場合には、 呼吸器系での細菌感染症が起こりやすくなります。

毒素の摂取

犬が歯周病の場合は、時間の経過につれて唾液中の細菌が毒素を生成します。犬は飲み込む度に、これらの毒素が容易に食道に介して胃に届きます。 すべての毒素が、胃酸によって破壊される訳ではありません。その結果、胃炎などの胃の問題が発生する可能性があります。実は、 歯周病の犬に胃の問題がよく見られます。

深刻な犬の歯の問題は犬の全身の健康への悪影響を与えることは明らかでしょう。犬の歯を大切にし、毎日愛犬の 歯を磨きましょう

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG