犬のカンジダ症(カビ・酵母感染症)

犬のカンジダ症(カビ・酵母感染症)は、酵母菌のカンジダ·アルビカンスと呼ばれる単細胞生物によって引き起こります。

免疫が健康な犬では、 善玉菌と自然に存在する少量の酵母菌がバランスよく正常な細菌叢として、体内で生きています。

しかし、 弱った免疫力や、または過度に活発な場合、酵母菌が容易に増殖します。

カンジダは日和見病原体ですので、酵母菌を殺すことができない弱った免疫力の犬を影響する傾向があります。

一方、活発な免疫力(例:アレルギーを起こしやすい犬など)は、頻繁に抗生物質やステロイドを与えられているため、体内の善玉菌の数が徐々に減っています。 その結果、酵母菌の増殖傾向があります。

一度犬の体内のカンジダの数が多くなってしまったら、悪循環が発生します。カンジダ細胞は善玉菌を殺します。さらに、カンジダによって生成した廃棄物は有毒な化学物質であり、 疲労や免疫力を混乱させ、脳を遅らせることがあります。

結果的には?犬の全身の酵母感染症を起こします。

また、これらの単細胞カンジダをタイムリーで殺さないと、「仮根」と呼ばれる多細胞真菌に変形します。これらの「仮根」は、栄養分(例えばビタミン、ミネラル、アミノ酸、 脂肪酸など)を吸収する腸の能力を減少させ、腸壁を通って延びて行くことができます。

結果としては、犬は栄養不足と「漏出腸症候群」を発生します。(漏出腸症候群は細菌、毒素、および未消化の食物が腸壁を介して、血流に漏出する消化器問題です。) この結果、炎症、慢性感染症、アレルギー(食物アレルギー、アトピー性皮膚炎)を含む多数の健康上の問題を引き起こす可能性があります。

犬のカンジダ症の原因

多くの原因が考えられます。最も一般的な原因が以下です:

不適切な食事

プロバイオティクス(善玉菌)のような不十分なサプリメントと質の悪い食事(特に糖分が高い穀物ベースの食品)は、カンジダの異常増殖をトリガーします。 糖分はカンジダの主な食糧です。

また、体内から毒素を排除する栄養酵素が不十分な場合も犬が酵母菌の感染症になります。

特定の薬の使用

  • 抗生物質の使用 - これらの薬は犬の体の善玉菌を殺すことができます。
  • 化学物質を含むノミ薬の使用 - これらの化学物質は、犬の免疫力が低下する可能性があるので、カンジダの異常増殖をトリガーします。

健康上の問題

  • 甲状腺の問題(甲状腺機能低下症) - 多くのホリスティック獣医は、甲状腺問題と酵母菌の感染症との間に直接つながりがあると示します。
  • 酵母アレルギー - いくつかの犬は自分の体の酵母菌にアレルギー反応が発生することがあります。言い換えれば、 これらの犬の免疫力が自分の自然な細菌叢を攻撃します。この現象が発生すると、通常は犬の全身にアレルギー反応を発生し、犬は頭から尾の先端まで赤くなって、痒くなります。

カンジダ症の症状

Dog Scratching

酵母感染症を持つ犬の一つ特別なサインは「カビ臭さ」です。

もうひとつのサインは、激しいかゆみのため犬が絶えず皮膚を噛んだり、舐めたり、掻いたりします。

他の徴候は、次のような症状で、皮膚のかぶれやアレルギーの症状と似ています:
  • 再発性ホットスポット;
  • じんましん;
  • 湿疹;
  • 脱毛;
  • 特に足、顔、腹部、脇の下、または生殖器の領域に赤みや皮膚の発疹;
  • 乾燥した鱗状の皮膚(時には肌が黒や変色になるかもしれない);
  • かゆみ目;
  • 赤、炎症を起こした目;
  • 涙目;
  • 咳;
  • 喘息;
  • 頻繁なくしゃみ;
  • 異常な鼻汁。
また、犬のカンジダ症は以下の病気として現れる可能性があります:

犬のカンジダ症の診断と従来の治療

診断は細胞診、または培養による酵母菌を持っているかどうかを判断します。

従来の治療は感染症との関連を解消するために抗真菌薬を使用しています。残念なことに、多くのそのような抗真菌薬は潜在的に重篤な副作用があります。 さらに、これらの薬剤は実際に根本的な原因に対処せず、ただ症状に対処するだけですので、感染症の再発性がかなり高いのです。

TOPへ戻る

カンジダ症の自然療法

多くのホリスティック獣医師は犬の酵母感染症に対して、自然療法を使用して、局所および内部を制御することを勧めています。

酵母菌の局所制御

酵母菌増殖の局所制御は、犬の体から死んだ酵母菌を除去し、感染した体の部分を消毒し、皮膚上の酵母菌の増殖を制御することが含まれます。

  • 消毒:酵母菌は湿った、暗い隙間が好きなので、犬の「脇の下」、鼠径部、尾の下、耳の内側などの影響を受けやすい部分を消毒するの事が大切です。

    例えば、犬の耳が影響された場合、定期的に(耳に生産した「ネバネバしたもの」の量に応じて毎日、または週3−4回)耳の掃除が必要です。

    体の他の部分を消毒するために、過酸化水素と白酢それぞれ1カップを、4リットルの水に加え、よく混ぜて下さい。この混合溶液を利用して、感染した体の部分を拭いてください。 犬の足が痒い場合、この混合溶液を利用して、足を浸漬してください。その後、単にタオルで足や他の部分を乾かしてください。
  • シャンプー:犬の体から死んだ酵母菌を洗浄するのも重要です。自然なシャンプーを使用すると、頻繁に犬をシャンプーさせても、 皮膚を乾燥させません。しかし、オートミールが含まれているシャンプーは使用しないでください。(オートミールは穀物で、酵母菌の食物源ですから)。 代わりにティーツリー油を含む天然の抗真菌シャンプーを使用しましょう。
  • リンス:シャンプーの後、さらに酵母菌の増殖を防ぐために、リンスを使用しましょう。酢一杯とペパーミント精油20滴を4リットルの水に加え、 よく混ぜて下さい。これをリンスとして使用して下さい。犬の頭と目を避けて、首から尾まで、リンスを注ぎましょう。脇の下、足、鼠径部、尾の周りなどの皮膚をこすってください。 その後、リンスを洗い流さないままタオルで犬を乾燥させてください。

酵母菌の内部制御

適切な食事

最も重要な制御方法の一つは、適切な食事です。

糖分は酵母菌の食糧なので、犬の抗酵母の食事は無糖、無穀物、無澱粉、肉ベースの食事でなければなりません。犬に蜂蜜、コーンシロップ、ジャガイモ、 サツマイモなどの糖分が多い食べ物を与えないてください。また、高糖値の野菜(例:サツマイモ、トウモロコシ、ニンジンなど)も避けるべきです。

食べ物の消化と吸収を助けるために、消化酵素のサプリメントを犬の食品に添加する必要があります。

さらに、ココナッツオイルをドッグフードに追加してください。(体重の5キロごとに小さじ1のココナッツオイル) ココナッツオイルは腸内の酵母やその他の悪い微生物を破壊することができる脂肪酸がたくさん含まれます。

酵母菌を殺すためのハーブ・サプリメント

適切な食事の上、抗真菌特性を持っているハーブとサプリメントを使用してください:
  • パウダルコ:この南アメリカの木の樹皮は、真菌や酵母に対して効果的です。さらに、抗癌活性を有することが示されている。
  • ローズマリーとタイム:これらのハーブのオイル抽出物は、強力な抗菌剤および抗真菌特性を含めます。
  • カプリル酸:この中鎖脂肪酸はココナッツ油とパーム油の中で自然に存在し、抗真菌、抗細菌および抗ウイルス特性を持っています 。
  • ウンデシレン酸:この有機不飽和脂肪酸は、ヒマシ油から派生した天然な殺菌剤です。
免疫力の強化

真菌の増殖を排除するに加えて、犬の免疫力を強化する必要があります。エキナセアなどの免疫強化ハーブが有効です。

さらに、犬の消化器系で善玉菌の数を増やすために、プロバイオティクスの サプリを犬の食品に添加する必要があります。

しかし、適切なタイミングが重要です。

まず、2週間くらい上記のハーブとサプリメントを利用して、 カンジダの数を減らし、そして、2週間後、プロバイオティクスのサプリとして、善玉菌を効果的に追加することが大切です。

解毒する

犬の体内のカンジダを殺す・排除するためには時間がかかります。(犬の状態によって、数週間、時には数ヶ月)。また、非常にしばしば、 犬の症状が初期治療後に悪化するように見えます。例えば、犬はいくつかのインフルエンザのような症状や下痢、吐き気、嘔吐、脱力感、体の痛みなどの症状を示すことがあります。 これは正常です。

その理由は?酵母菌の多数が殺された時、それらの菌と毒素はまだ犬の体内にあります。徐々にその毒素を排除するために時間がかかります。さらに、 身体が毒素を排除するために一生懸命働いている間、犬はかゆみや皮膚の炎症の症状を示す可能性があります。

血液中循環している毒素と死んだカンジダの細胞を消化し、炎症を解消するため、酵素 サプリメントを与えることが重要です。食事の間に与えられると、酵素サプリメントは全身炎症の軽減と解毒に役立ちます。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG