犬のための脂肪酸

「脂肪酸」は多価不飽和脂肪の特定の種類です。犬に特に重要な二つの脂肪酸は、オメガ3とオメガ6脂肪酸です。これらの脂肪酸は、犬の体内で生成することができないので、 犬の食物を介して供給する必要があります。

オメガ6脂肪酸は、以下の成分から構成されています:
  • リノール酸(LA)(犬と猫に対して必須脂肪酸);
  • ガンマリノレン酸(GLA);
  • ジホモ-γ-リノレン酸(DGLA);
  • アラキドン酸(AA)(猫に対して必須脂肪酸)。
LA(リノール酸)はペットの健康のために重要なオメガ6必須脂肪酸です。 リノール酸が足りないと、犬の皮膚は乾燥し、毛がもろく、光沢がなく、脱けやすくなります。

オメガ3脂肪酸は、以下の成分から構成されています:
  • エイコサペンタエン酸(EPA);
  • ドコサヘキサエン酸(DHA);
  • α-リノレン酸(ALA)。
サーモン油、タラ肝油、イワシ油などの魚油は、オメガ3脂肪酸(DHAとEPA)が豊富です。

アマニ油、ヘンプシード油、大豆油もオメガ3(ALA)を多く含めます。しかし、栄養分を得るために、ALAからEPAやDHAに変換する必要があります。そのため、 特殊な酵素が必要です。残念ながら犬のような肉食動物は、その必要な酵素を持っていません。

月見草、ルリジサ、カボチャ種子、およびヒマワリ油は、オメガ6脂肪酸が豊富です。

脂肪酸に関して重要な注意事項
  • 脂肪酸は犬の体内で合成できないので、食事で補わなければなりません。
  • 動物は、脂肪酸の一つの型から別の型(例えば、オメガ6からオメガ3に)に変換することができません。
  • 研究では、オメガ6とオメガ3脂肪酸の正確な比率は犬の健康のために非常に重要であることを示しています。 犬の毎日の食事の中でオメガ6とオメガ3脂肪酸の望ましい比率は10:1-5:1です。
  • オメガ9脂肪酸は、犬の健康に役に立ちません。実際には、多量のオメガ9は血液や皮膚中のオメガ3とオメガ6の濃度を減少させる可能性があります。

犬が脂肪酸欠乏の兆候

Yorkie

ほとんどのドッグフードは、オメガ3が小量しか含まれていない一方、オメガ6の量が多く含まれます。

従って、愛犬にドッグフードを与える場合には、オメガ3脂肪酸のサプリメントが必要となる可能性が高いのです。

具体的には、犬が次の兆候を示している場合、食事中の脂肪酸が欠乏だと考えられます:
  • 薄い、変色した毛;
  • 脱毛;
  • うろこ状の乾燥肌、ふけ;
  • 脂ぎった毛;
  • にきびなどの皮膚の問題;
  • 創傷治癒が遅い;
  • 耳感染;
  • 体重減少;
  • アレルギー様症状(例えば、かゆみ、湿疹)。

TOPへ戻る

脂肪酸のメリット

脂肪酸は、すべての年齢や犬種の犬に有益です。

たとえ健康な犬にも、脂肪酸サプリメントを与えると、光沢がある毛、健康的な皮膚を得ることができます。

また脂肪酸は、様々な犬の健康問題を改善するのに有効です。例えば:

炎症性疾患

EPA・DHA・GLAを犬に与ることにより、炎症性疾患を防止し、制御することができます。脂肪酸(特にEPA)は、関節リウマチに関連付けられている炎症を減少させるのに有効です。 また、炎症性腸疾患などの他の炎症性疾患の症状を軽減することができます。

鈍い・乾燥した毛

オメガ6(特にLA)は、毛や皮膚の健康に効果があります。

アレルギー

アレルギーは、通常、免疫力が低下した結果です。特定の脂肪酸は免疫力を強化し、アレルギー症状の影響を軽減するため、アレルギーを持つ犬に脂肪酸を与えると良いでしょう。

真菌感染症

脂肪酸は犬に真菌感染症を引き起こす特定の真菌の増殖を遅くすることができます。 愛犬が皮膚や耳の再発性の感染症に苦しんでいる場合は、犬の食事に脂肪酸を追加してみてください。

トリグリセリドおよびコレステロール

脂肪酸は血液中のトリグリセリドおよびコレステロールのレベルを減少させることができます。 さまざまな皮膚の問題のためにレチノイド療法(合成ビタミンA誘導体)を受けている犬は高脂血症になりやすくなります。 また、腎臓疾患を持つ犬は血中コレステロールおよびトリグリセリドを上昇する傾向があります。オメガ3脂肪酸は、これらの犬たちに有益です。

腎不全

オメガ3脂肪酸は犬の腎臓病の悪化を遅らせることが見出されています。 オメガ3の抗炎症作用は腎臓の炎症を軽減し、腎臓への血流を改善することができます。

心臓病

オメガ3は、高血圧、心室性不整脈などの心血管障害を防ぐことができます。

脳と神経

DHAは犬の脳の機能をサポートするための最も重要な栄養素の一つです。 妊娠している、または授乳期中の母犬にDHAを富んだ食事を与えると、子犬の神経発達を改善できます。また、DHAのサプリを老犬に与えると、記憶力がより良くなり、 頭がより鋭くなります。

研究ではオメガ3脂肪酸は特定の癌の腫瘍の成長を防止し、その癌の悪化と拡散を遅らせることがわかってきました。また、オメガ3は癌と闘う免疫力を強化することができます。

魚油がいいか?亜麻仁油がいいか?

アマニ油は、魚油よりも多くのオメガ3が含まれています。しかし、亜麻仁油のオメガ3は不活性な形(ALA)です。

最近の研究では、魚油に含まれる脂肪酸が犬にとって容易に利用できるので、魚油は病気の犬により役に立つとわかってきました。 特に、魚油は、アレルギーや関節炎などの炎症性疾患、腎臓、心臓病を持つ犬の肯定的な効果を持っています。アマニ油は、炎症性疾患を持つ犬として有益に見えません。

しかし、亜麻仁油は抗癌と思われ、また、犬の皮膚や毛の状態の改善に有効です。 さらに、アマニ油は水溶性食物繊維の摂取源となります。食事で水溶性食物繊維を増やすと、便秘を防ぐことができます。

したがって魚油は、炎症性疾患を持つ犬のためにふさわしい脂肪酸サプリメントです。亜麻仁油は、皮膚や毛の状態を改善し、便秘を防ぎ、 おそらく癌の成長を阻害するために使用するとより有効だと考えられます。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG