ノミアレルギー皮膚炎

ノミアレルギー皮膚炎はノミの唾液に含まれる様々な物質がペットにアレルギー反応を引きおこすことで発生します。

犬のノミ唾液反応は二種類あります。

ひとつは即時型過敏症でノミが咬傷後即時にかゆみが起こります。

ふたつめは遅延型過敏症で犬が咬傷したノミを噛み殺した数日後にかゆみの症状がでます。犬に強いかゆみが持続しても飼い主が実際にノミを見つけ出せないのはこのためです。

アトピー性皮膚炎である犬はノミアレルギーである可能性は非常に高いでしょう。

ノミを撃退する

愛犬がノミアレルギーに苦しんでいる場合、犬と生活環境からノミを撃退するのが大切ですね。ナチュラルなノミ退治の詳しいは このページをご参考になって下さい!

症状

ノミアレルギー皮膚炎の犬は通常強烈なかゆみにおそわれます。ノミは身体の下半身にいることが多く、かゆさから犬はよく噛んだり引っかいたりして腰や背中、内股、腹部、 わき腹などに小さな赤いかたまりのような傷を残します。

ノミの検出

ノミアレルギーの犬の体毛の中に実際ノミをみつけることは困難です。遅延型過敏症ではアレルギー反応の原因となるノミは犬がすでに噛み殺しているからです。

しかし念入りに探すとノミの排出物等を見つけることができますので、ノミアレルギーの疑いがある場合獣医に行く前の3-7日間はシャンプーを控えてください。 洗ってしまうと排出物が残らずノミアレルギーと診断しにくくなってしまいます。

排出物等の形跡を探してみるといいでしょう。皮膚に黒コショウのような斑点に注意をしてみてください。そしてそれをペーパータオルの上に集めてください。 集まった各斑点に数滴の水をかけて下さい。斑点が土や泥であればなにも起こりませんが、排出物の場合乾いた血液を含んでいるため60秒待つと赤く変色します。

排出物が見つからない場合皮内皮膚テストができます。テストでは犬の皮膚に少量のアレルゲンを注射し陽性反応を確認します。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG