鞭虫 - 犬の腸内寄生虫

鞭虫は犬に感染する一般的な腸内寄生虫です。

鞭虫は細長く成虫は10センチにもなります。

鞭虫はその形から名前を得ました。鞭虫の前の部分は鞭のように細く、後端は鞭のハンドルのように厚く太いのです。

犬の小腸に住む回虫、鉤虫、と条虫とは異なり、鞭虫は犬の大腸、特に、盲腸(小腸と大腸が接触する部分)に住みつきます。

犬はどのように感染しますか?

犬は鞭虫の卵に汚染した食品や水を摂取すれば、感染は可能になります。

卵が犬の体内に入ると犬の腸に移行し孵化します。約3ヶ月で、幼虫は成長し、犬の盲腸と大腸で成虫まで成熟します。鞭虫は口で犬の腸壁に付着し、犬の血液を摂取します。鉤虫や回虫と 異なり、鞭虫の幼虫は他の内臓には移行しません。

成熟した雌性の鞭虫は、犬の腸内で卵を産み、卵は糞便中に排出し、鞭虫のライフサイクルがこのように繰り返されます。

鞭虫症の症状

Bull Dogs

ほとんどの犬の場合、鞭虫の寄生が軽度から中等度であれば症状は見られません。

しかし感染が深刻だと鞭虫は腸壁の炎症を引き起こし、炎症によっては粘液を大量に生産します。時々腸が出血したり、貧血状態を生じる可能性があります。

鞭虫の寄生が深刻な犬は、以下の症状がでます:
  • 継続的する水様性下痢(時には便中の血液を含む);
  • 体重減少;
  • 毛並みがごわつく。

犬の鞭虫症の診断と治療

犬の鞭虫症は、検便を顕微鏡で卵を検出することによって診断されています。 鞭虫は、他の腸内寄生虫のように多産しないので、確実な診断ができるよう複数のサンプルが必要です。

鞭虫は慢性大腸炎と貧血症状などの健康問題を引き起こすことがあるので、遅滞なく鞭虫を根絶することが重要です。獣医の監督の元、従来の駆虫治療は最善策です。

感染した犬のためのアフターケア

鞭虫感染が深刻な犬は栄養失調(鞭虫は犬体内の多くの必須栄養素を奪う)によって、体調が弱くなります。 犬の免疫力を強化するために、栄養素を補充することが重要です。

食事

寄生虫の治療期間中、そして直後に栄養のある食べ物を供給することが不可欠です。タンパク質と脂肪の多い食事が望ましいです。 例えば、食事の40%は肉や卵などのタンパク質が必要です。 脂肪供給のために魚油を与えましょう。

消化の改善

犬が正常に食物を消化し、栄養素を十分に吸収できるように、消化酵素プロバイオティクスのサプリメントを与えてください。

サプリメント

鞭虫感染が深刻な犬は、通常貧血状態です。したがって、ビタミンと鉄分のサプリメントを犬に与えてください。

犬の鞭虫の予防

衛生

鞭虫の卵は非常に丈夫で、多年に、過酷な環境(例えば、凍結)の中でも生き延びることができます。このため、毎日庭や犬小屋を清掃する必要があります。 すべての犬の糞便を除去してください。

定期的の検査

鞭虫の検出は難しいので、定期的な糞便検査(少なくとも年に一回)はお勧めします。

これらのページも見てね:

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG